2013.11.16

オランダを熟知する男・吉田麻也が考えるオランダ代表完封の秘策とは?/日本代表密着

 停滞感が漂うザックジャパンにとって16日のオランダ戦は今後を左右する非常に重要なゲーム。この大一番を控え、日本・オランダ両代表チームが15日午後、ゲンクのクリスタルアレナで公式練習にのぞんだ。

 先にピッチに登場したのはオランダの方。すでに先発を発表している彼らは全練習を公開する余裕をのぞかせた。逆に日本の方はいつも通りの冒頭15分間のみの公開。選手たちは8対2のボール回しをしただけで、アルベルト・ザッケローニ監督は一切情報を明かさなかった。

 対照的な雰囲気の両者だが、日本にとっては7カ月後のワールドカップ本番でいい戦いをするためにも、前向きな手ごたえがどうしてもほしい。本田圭佑(CSKAモスクワ)ら攻撃的に戦うという理想を追う者がいる一方、内田篤人(シャルケ)のように勝ちにこだわる者もいて、意見が交錯しているだけに、ここで進むべき方向性を明確にすべきだろう。

 そういう中、オランダを誰よりも熟知する男・吉田麻也(サウサンプトン)は強豪を完封するための秘策を練っている。

「相手にはサイドにいいアタッカーがいて、ボールを保持しながらサイドチェンジをして1対1を仕掛けてくる。(アルイェン)ロッベンなんかは1対1でスぺースを与えてしまったら、数的同数で守るのはすごく厳しい。つねにサポートを意識して、1対2になるようにしなきゃいけない」とサイドをどう守るかが重要なカギになると彼は指摘する。

 ロビン・ファン・ペルシー(マンチェスター・U)が欠場し、シーム・デ・ヨング(アヤックス)が代役を務めるため、オランダの攻撃力がやや低下することも考えられるが、吉田は「彼もクレバーな選手だし、強さもうまさもある。見た目より強いので大変だと思います」と要注意であることを強調。そこをまずしっかり封じて、起点を作らせないことが吉田にとっての最大の仕事になるだろう。

取材/元川悦子

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る