2013.11.15

オランダ守備陣には裏への飛び出しで勝負…得意な形で貪欲に点を取りに行く岡崎慎司/日本代表密着

 12日からスタートしたベルギー・ゲンクでの代表合宿も3日目。14日は冷たい雨が降りしきる中、14時半過ぎからザックジャパンの練習が行われた。報道陣に公開された冒頭15分間はフィジカル的なメニューのみだったが、その後は3-4-3の基本戦術などを確認した模様。オランダは、ルイ・ファンハール監督が13日時点で早々とスタメンを発表。アルベルト・ザッケローニ監督も、その陣容を見ながらオランダ対策を入念に徹底したものと見られる。

 そんな中、オランダからの得点と勝利に意欲を燃やすのが、FW岡崎慎司(マインツ)だ。10月の代表2連戦の際は、クラブで求められる多彩な役割に苦悩していたこともあり、持ち味を出しきれなかったが、10月26日の(ブンデスリーガ第10節)アイントラハト・ブラウンシュヴァイク戦で、ドイツ移籍後初の(リーグでの1試合)2得点をマーク。抱えていた雑念を完全に振り払った。「今はサッカーに集中できている」と本人も完全に自信を取り戻したようだ。

 上昇気流の中、今回のオランダ戦を迎えるが、「攻撃陣が点を取ってチームに勢いをもたらすことが大事。自分が点を取るイメージは基本的に裏。一番得意な形で勝負していきたいと思っています」と、岡崎は自分らしいスタイルで勝負するという。オランダ国内組で構成される相手守備陣なら、彼の武器が十分通じるはず。積極果敢なトライに期待したい。

 今回は3-4-3の1トップで出場する可能性もあるが、最近のマインツでもそのポジションで体を張って起点を作っており、全く問題はないだろう。6月のコンフェデレーションズカップ・イタリア戦(レシフェ)を筆頭に、ザックジャパンが良い試合をする時には必ずと言っていいほど岡崎のゴールがあった。チームの停滞感を打ち破るためにも泥臭く粘り強いゴールをぜひ見せてほしいものだ。

取材/元川悦子

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る