2013.11.15

香川真司が2試合を展望「自然体で試合に向けて集中できるか」

 日本代表は14日、欧州遠征3日目の練習をベルギー国内で行った。

 練習後、マンチェスター・U所属のMF香川真司は以下のようにコメントした。

「相手がどうこうではなく、自分たちのサッカーのイメージを膨らませていきたいですね。相手が前に出てくるのは間違いないし、(攻撃を)受けている時間の方が長いと思う。そういう中で、失点しないことが大事。簡単に失点してるようでは、やっぱり厳しいと思う。90分間を通して、相手の時間帯と必ず僕たちの時間が出てくると思うから、そういう試合の流れを、1人1人が辛抱強く読みながら戦っていくことも必要なのかなと思っています」

―10月の時は試合勘の部分で個人的な反省をしていたが、状況も変わって今はどのような状態か?
「最近は試合に出ているので、コンディションは上がってきていますし、前よりはコンディションが良いと思います」

―代表で弾みをつけないといけないと考えると、気持ちの面で気負ってしまうのでは?
「そうですね。気持ちの面で、いかに自然体で入って試合に向けて集中できるかというのが一番大事なのかなと改めて感じていますし、特に今回はそういう気持ちを持って入っていきたいと思っています」

 日本代表は、16日にオランダ代表、19日にベルギー代表との国際親善試合に臨む。

Jリーグ順位表

川崎F
60pt
サンフレッチェ広島
56pt
FC東京
46pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
70pt
大分
69pt
町田
68pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
59pt
鹿児島
48pt
群馬
47pt
Jリーグ順位をもっと見る