2013.11.14

仲間から温かい祝福を受け、清武弘嗣が2年連続のバースデー直後弾を狙う/日本代表密着

 オランダ・ベルギーとの11月欧州2連戦に向け、オランダ国境に近いゲンクで12日から始動したザックジャパン。前日とは打って変わって清々しい快晴に恵まれた13日は、練習に先駆けて23人全員で写真撮影を実施。その後、冒頭15分間だけが報道陣に公開された。ザッケローニ監督は選手を3-4-3の陣形に並べ、基本的な約束事の再徹底を図った。オランダ戦では伝家の宝刀といわれるこの布陣でキックオフを迎える可能性が高まってきた。

 このシステムを機能させるために極めて重要なのがサイドアタッカーの役割だ。10月の2連戦ではセルビア戦(ノヴィサド)で途中出場し、試合の流れを変えるいい働きを見せながらも、ベラルーシ戦(ジョジナ)では出番なしに終わった清武弘嗣(ニュルンベルク)は「オランダは1ボランチだから、こっちの2列目の選手はトップ下が自ずとボールを受けられるだろうし、サイドで数的優位を作れる。そこが肝心なので、自分を含めて運動量を増やしていく必要があるし、前からの守備面の追い込みもすごく大事になる」と狙うべきポイントをクリアにしていた。

 その清武は12日が23歳の誕生日。チームメートから温かい祝福を受けたという。「1年前もちょうど代表だったんで、うれしいですし、それをパワーに変えたい」と改めて奮起を期した。ちょうど1年前の最終予選・オマーン戦(マスカット)で記念すべき代表初ゴールを挙げており、2年連続のバースデー直後弾も期待されるところ。「そうなれるように頑張ります」と本人も意気込みを新たにしていた。

 所属クラブのニュルンベルクが今季リーグ戦未勝利という苦境にあえいでいるだけに、ここで結果を出して今後に弾みをつけたいものだ。

取材/元川悦子

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る