FOLLOW US

オランダ戦へ意気込むFW岡崎慎司「やることを信じるのが大事」

 日本代表は13日、オランダ代表と対戦する16日の国際親善試合に向け、欧州遠征2日目の練習をベルギー国内で実施した。

 練習後、マインツのFW岡崎慎司は以下のようにコメントした。

「代表では、ここぞという時にダイヤゴナルに走ったり、自分のストロングポイントで気迫や執念を出していきたいです。ただ、そういうふうに考えないで自然に動けるのが理想。そういうサッカーができている時が良い状態なので。雑念が入ったら良いプレーはできないと思います」

-3-4-3について
「前回はやっていなかったです。やっていることは変わってないですけど、要求は高くなっています」

-4-2-3-1でやりたいのでは?
「それはコンフェデで試せたから、違うフォーメーションを試したいのかもしれない。マインツでも監督はフォーメーションとか選手をいろいろ変えるから、そういう中でもいきなり出せるかが大事だと思います。それがハマれば試合中から勝てる雰囲気にもなると思うので、自分たちがやることを信じるのが大事です」

-雑念がなくなったのは?
「どうせ損なことをやるなら、強引にでも練習から自分のやりたいことをやり通そうとしたら、監督にもチームメートにも『それいいじゃん』って言われました。それで2点も取れました。これをこの後も続けていかないとダメだと思います」

-ブラウンシュヴァイク戦前の話か?
「そうですね。こういう気持ちなら、ずっとサッカーに集中できると思ってやっています」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO