2013.11.14

DF酒井高徳、存在価値向上へ「違いを出せる選手になりたい」

 日本代表は13日、オランダ代表と対戦する16日の国際親善試合に向け、欧州遠征2日目の練習をベルギー国内で実施した。

 練習後、シュトゥットガルトのDF酒井高徳は以下のようにコメントした。

-オランダ戦とベルギー戦に向けて
「チームとしてしっかりやるってことがまず1つ。どんな状況でも自分のできることを意識してやりたいと思いますし、良い相手なので自分にとってもチームにとってもムダな2試合にはしたくないです」

-サイドの選手は3-4-3の中ではすごく大事な役割を果たすと思うが?
「そうですね。一番は考えずに動けるのがいいと思います。100パーセントそれができるにはもう少し理解力が必要かなと。それをいかにスムーズにできるかが試合当日は必要になってくると思います。イメージを膨らませてやっていきたいです」

-自分の中ではスムーズに動くところまでの理解には達していない?
「そうですね。攻撃の部分ではアイデアのある選手がたくさんいるし、使ってくれたり、生かしてくれたりするので、そこは心配していないです。守備のところは、どのタイミングでどこにポジションを取るかという細かい部分だと思います。そこが問題なければ、だいたいは抑えられているのかなと」

-右で出場するか、左で出場するか、色んなバリエーションがあると思うが? 「選択肢を持ってもらえることは、自分にとっては出場機会が広がることにもつながってくるので、非常にうれしいです。どっちでも準備できるようにしっかり練習からやっていきたいと思います。ベラルーシ戦では途中から入って、あまり変化を出せなかったので、非常に少ない時間だったけど悔しかったです。せっかくこうやって代表メンバーに入って、出場できる機会をもらっているので、何か違いを出せる選手にならないと。もっと違いを出せるように、少しでも自分が入って何か変化を出せるようにしたいと思っています。それはフォーメーションが変わっても一緒なので心掛けてやりたいです」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る