2013.11.14

DF内田篤人、ロッベン対策のカギは「ボールが入る前の守備」

 日本代表は13日、オランダ代表と対戦する16日の国際親善試合に向け、欧州遠征2日目の練習をベルギー国内で実施した。

 練習後、シャルケ所属のDF内田篤人は以下のようにコメントした。

-チームの雰囲気は?
「良い相手が続くので、しっかり準備している感じです」

-オランダの印象は?
「世界でもトップレベルの選手がいるチームなので、しっかりやりたいです」

-2009年にも対戦してアルイェン・ロッベンともマッチアップしたが当時の印象は?
「あんまり覚えていないですけど、リーグでもやっていますし、良い選手だと思います」

-オランダ相手に守っていく上で、具体的な守備のイメージはあるか?
「オランダは繋ごうと思えば繋げるし、サイドには良い選手もいます。サイドからカウンターもあるので、掴みどころがないようなチーム。あとは歴史もしっかりしていますし、僕らが勉強できるようなプレーや選手がたくさんいるので、本当に良い相手です」

-オランダで警戒している選手を具体的に
「けがで何人か出られないという情報は少し入っていますけど、誰というよりはどこからでも点が取れますし、まずはやっぱり自分たちかなと思います」

-3-4-3の練習をやっていたと思うが?
「3-4-3をやるかどうかは監督が決めることですし、チームを立ち上げた時から練習では毎回確認作業というのはやっているので。僕らはどちらでもできるようにしたいです。システムにとらわれずにやることも大切かなと思います」

-3-4-3の練習をやるにあたって、ザッケローニ監督から具体的に指示というのはあったか?
「特にはないです。普段通りです」

-10月のアウェー2試合は無得点で連敗したが、チームとしてどのように立て直して試合に臨みたいか?
「クラブでも代表でもうまくいかない時はうまくいかないので、しっかり我慢したいです。その間、何もできないというわけではないので、もがきながら試行錯誤しながらという状態でもいいと思いますし、そういう時間は絶対に来るので、自分たちで色々考えながらやりたいです」

-ワールドカップで優勝候補に挙がるようなオランダ相手にどのようなサッカーをしたいと思っているか?
「やっぱり結果が欲しいです。戦術もそうですけど、監督やチームみんなで決めたことに従って一生懸命やって、少しでも勝利に近づきたいです」

-内容よりは結果を求めていきたいか?
「両方です。やるからには勝ちたいですし圧倒したいですけど、相手もいることなので。チームのリズムというのもあるし、オランダ相手で難しいというのはわかっていますけど、目指すところはやっぱりみんな同じ。ブレるということはないと思います」

-バイエルンでは右サイドのロッベンが左サイドに回ってきてマッチアップするかもしれないが?
「バイエルンの時は中に入ってシュート。よくハイライトで見るシーンですよね。あれかなと思います。上手く対応したいです」

-マッチアップの中で注意する部分は?
「ボールが回ってくる前に上手く自分の位置を詰めることと、良い状態でボールを入れさせないこと。ボールが入る前のディフェンスだと思います」

サイト人気記事ランキング

Jリーグ順位表

FC東京
62pt
横浜FM
61pt
鹿島アントラーズ
59pt
Jリーグ順位をもっと見る
柏レイソル
81pt
横浜FC
76pt
大宮
74pt
Jリーグ順位をもっと見る
北九州
62pt
藤枝
57pt
群馬
54pt
Jリーグ順位をもっと見る