2013.11.13

FW岡崎慎司、勝利への執念をチームに求める「何が何でも勝つ」

岡崎慎司
欧州遠征初日の練習に臨む岡崎慎司 [写真]=千葉格

 日本代表は12日、オランダ代表と対戦する16日の国際親善試合に向け、欧州遠征初日の練習をベルギー国内で実施した。

 練習後、マインツのFW岡崎慎司は以下のようにコメントした。

-前回の2連敗を踏まえて今回の試合になると思うが?
「チームとしては消化不良で終わったとは思っていないです。普通に、これがアウェーでの戦いかと。ヨーロッパで見てみたら自分たちの力はこんなもんかってみんな思ったはずなので、ここから次の2試合でさらに強い相手と戦うに当たって、もっと自分たちがチームとして1つにならなきゃいけないです。もちろん試合に出場している選手、出ていない選手、色んな気持ちの問題はあるにせよ、それはどのチームでも一緒です。その中で意思統一してどうやって戦っていくかっていうのを、この遠征では試合で見せるのが大事。それと何が何でも勝って自分たちも戦えることを示す。もちろん内容も求めつつ、どういう形でも勝つことにチームが執念を見せられるといいなと思います」

-チームとしての意思統一については?
「迷いなくやれる環境にならないといけないです。出し手ばかりをクローズアップするんじゃなくて、逆にもらう側の動きに合わせて出し手がパスを通すようなことも大事なのかなと。困っている選手がいたら、そこに足元にもらいにいく傾向が強いけど、困っていても裏に出してほしい選手には無理にでも配球してあげるってことも大事。今はどちらかというと出し手に合わせて受け手が動くっていうのが多いのかなと。もらい手がもっと自分の動きたいところに動いて、出し手がそれに合わせてあげるっていうのが必要なのかもしれないです。そういうところは試合や練習をやりながら、色んな選手が話し合いながらだと思います」

-今日は話し合ったか?
「全然。まだ明日からだと思います」

-所属クラブではかなり頑張っていると思うが、経験は生かせそうか?
「苦しい時に勝って自分たちが見つけた部分もあるので、そこをこのチームで出したいです」

Jリーグ順位表

鹿島アントラーズ
61pt
川崎F
53pt
柏レイソル
53pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
71pt
長崎
59pt
福岡
58pt
Jリーグ順位をもっと見る
栃木
46pt
沼津
45pt
秋田
44pt
Jリーグ順位をもっと見る