FOLLOW US

U-17W杯で日本はベスト8ならず…スウェーデンに競り負ける

日本は競り負けて、ベスト8入りを逃した [写真]=FIFA via Getty Images

 UAEで開催されているU-17ワールドカップの決勝トーナメント1回戦が28日に行われ、グループDを首位突破したU-17日本代表は、グループFで3位だったU-17スウェーデン代表と対戦した。

 グループリーグを全勝で通過した日本だったが、11分にカウンターから一気に攻め込まれると、右サイドからクロスを上げられて、ゴール前のバルミール・ベリシャにシュートを蹴り込まれた。

 日本は序盤にビハインドを負ったが、ボールを保持して攻め込む展開が続く。32分には右サイドからのクロスを瓜生昂勢がダイレクトボレーで合わせ、ゴールネットを揺らしたが、オフサイドの判定で同点ゴールとならなかった。

 日本は圧倒的に攻め込みながら追いつくことができずにいると、36分に再びカウンターから失点を喫してしまう。ドリブルで持ち込んだミルザ・ハルヴァジッチにシュートを打たれ、GK白岡ティモシィが弾いたところをグスタフ・エングヴァルに押し込まれた。

 2点差をつけられると、43分には三好康児がミドルシュートを放ったが、GKの好セーブに阻まれて、得点とはならなかった。無得点のまま前半を折り返すと、後半開始から杉本太郎と小川紘生を投入して打開を図った。

 後半もボールを保持して攻め込むと、56分に小川がスルーパスに抜け出し、シュートを放つ。ボールはゴール手前でスウェーデンDFのカバーに遭うが、クリアし切れずにゴールに吸い込まれた。

 1点差に詰め寄った日本は、67分に坂井大将をピッチに送り出して、同点ゴールを狙った。押し込む展開が続き、81分には永島悠史が左サイドから切れ込みシュートを放ったが、GKの正面を突いた。87分にも杉本がゴール正面からシュートを打ったが、枠を捉え切れなかった。

 日本は、終始攻勢で試合を進めたが、最後まで2点目を奪うことができずに、1-2で敗戦を喫した。ベスト16で敗退したことで、過去最高タイのベスト8には届かなかった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO