2013.10.19

ロシア撃破も課題を挙げるU-17日本の吉武監督「まだまだです」

吉武博文
U-17日本代表を率いる吉武監督 [写真]=FIFA via Getty Images

 U-17ワールドカップグループD初戦が18日に行われ、U-17日本代表は1-0でU-17ロシア代表に勝利した。

 試合後、U-17日本代表の吉武博文監督は以下のようにコメントしている。

―試合を振り返って
「ヨーロッパ1位の相手、リーグの初戦。勝ち点1でもいいと思っていたが、勝ち点3が取れて良かったです。できれば2点取りたかったですが、後半はシュートを打てなかったけれど、しっかりとコンパクトに応対し、1-0で勝つことができました。身長が高くなくても、しっかりと対応できたと思います」

―前後半の立ち上がりはプレッシャーに押し込まれた。そこからリズムを握り返した理由と、試合中によく『浅い』という言葉を口にしていましたが、その意味は?
「ロシアは4-2-3-1システムで組みやすい相手だったので、もっと押し込めたと思います。でも、相手のDFラインが浅かったのを選手たちはなかなか見つけられなかった。もっと背後のスペースを狙わないといけない。悪かった時間帯はそこを狙うことができず、逆にやられていました。ただ、徐々に狙えるようになってリズムを取り返しましたが、最後のプレーの質が低かったので、これから選手たちはそこを向上させないといけないです」

―瓜生選手の先制ミドルのように、この試合でシュートを打てる時は打てという指示をしたのでしょうか?
「それぞれの試合であまり具体的なことを言わないようにしています。自分の最初のインスピレーションを大事にしろと。決してあそこを攻めてこうしろとは言っていません。相手の守っていないところを攻めて、自分の感じたことをしっかりと表現しろと言っています」

―前回負けたロシアに勝って自信はつきましたか?
「ゼロに抑えたのが良かったです。でも、前回1-2で負けていて、結局2失点がなかっただけ。この大会でもっと成長してほしい。良かったけれど、まだまだです」

―この試合でけが人は出ませんでしたか?
「今のところはいません」

取材●安藤隆人

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る