2013.10.18

U-17W杯開幕、日本は18日にロシアと初戦…過去にはヒデや柿谷らが活躍

17日に開幕したU-17W杯 [写真]=FIFA via Getty Images

 いよいよ開幕したU-17ワールドカップ。昨年イランで開催されたAFC U-16選手権で準優勝をし、アジア2位で出場を決めたU-17日本代表は、18日に初戦となるロシア戦を迎える。

「グループリーグ3試合で勝ち点3、得失点差プラスマイナスゼロが目標」と吉武博文監督が語ったように、決勝トーナメント進出にはグループで2位以内、3位でも突破できる可能性があり、「3連勝を目指して3連敗するよりも、現実的に」とあくまで先を見越した目標設定でグループリーグを臨まんとしている。

 とはいえ、初戦が重要なのは明らかで、個々でしっかりと勝ち点3を取って、勢いをつけたいところだ。

 ロシアは強豪ひしめくヨーロッパ予選を、5試合で1失点と固い守備をベースに1位通過した、非常に実力あるチーム。1トップに高さとスピードをかね揃えたストライカーを置き、高さとフィジカルを武器に、堅守速攻を仕掛けてくる。日本はフィールドプレーヤーで身長180センチを越えるのは、DF三竿健斗とMF中野雅臣の2人だけと、高さでは圧倒的に不利にある。

 しかし、「希望としても高さが無くてもやれるサッカーを展開したい」と吉武監督が語ったように、あくまでも全員でボールを支配し、ボールを奪われてもすぐに複数で囲い込み、地上戦で相手を圧倒するサッカーをするために、この2年間を費やしてきたと言ってもいい。言うなれば、吉武サッカーの完成度を図る上では、うってつけの相手と言える。

 いかに日本のストロングポイントを出して、相手のストロングポイントを消すか。日本がこれから世界と戦っていくうえで、一つの方向性となる戦いがこの試合で見られるかもしれない。

文●安藤隆人

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る