2013.10.17

FIFAランク、日本はアジアトップをキープ…豪は57位に転落

日本代表
11日のセルビア代表戦で先発した日本代表メンバー [写真]=Getty Images

 FIFA(国際サッカー連盟)は17日、最新のFIFAランキングを発表した。

 日本代表は、前回から2ランクダウンの44位ながらアジアトップを維持。日本以外のアジア勢では、1ランクダウンのイランが49位、2つ順位を上げたウズベキスタンと韓国が、それぞれ55位、56位となり、監督解任があったオーストラリアは4ランクダウンの57位でアジア5位に転落した。

 上位陣では1位のスペインは変わらなかったが、2位に1ランクアップのドイツが浮上し、2位のアルゼンチンが3位に後退。コロンビアが4位、ベルギーが5位に浮上した他、7ランクアップのスイスが7位となった。

 アフリカ勢では、17位のコートジボワールがトップとなっている。

 アルベルト・ザッケローニ監督就任後における日本の順位の推移は、以下のとおり。(2010年8月31日に就任会見。初陣は同年10月のアルゼンチン戦)

2010年8月 32位
2010年9月 30位
2010年10月 30位
2010年11月 30位
2010年12月 29位
2011年1月 29位
2011年2月 17位
2011年3月 15位
2011年4月 13位
2011年5月 14位
2011年6月 13位
2011年7月 14位
2011年8月 15位
2011年9月 15位
2011年10月 17位
2011年11月 19位
2011年12月 19位
2012年1月 19位
2012年2月 30位
2012年3月 33位
2012年4月 30位
2012年5月 30位
2012年6月 23位
2012年7月 20位
2012年8月 22位
2012年9月 23位
2012年10月 23位
2012年11月 24位
2012年12月 22位
2013年1月 21位
2013年2月 28位
2013年3月 26位
2013年4月 29位
2013年5月 30位
2013年6月 32位
2013年7月 37位
2013年8月 37位
2013年9月 42位
2013年10月 44位

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る