2013.10.16

無得点で連敗…主将の長谷部誠「自分たちの実力だと受け止める」

長谷部誠
キャプテンを務める長谷部 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が15日に行われ、ベラルーシ代表と日本代表が対戦。前半終了間際にゴールを奪ったホームのベラルーシが1-0で勝利した。

 試合後、先発して69分までプレーした日本代表のMF長谷部誠は以下のようにコメントしている。

―試合を終えて
「結果はしっかり受け止めなきゃいけないと思います。2連敗で得点も0でした。そこはしっかり自分たちの実力なんだと受け止め、修正していかなければいけないこと、続けていかなければいけないところ、両方やっていきたいと思います」

―内容は?
「内容についてはもちろん結果が出なかったので、修正しなければいけないところは沢山あるんですけど、もちろんよかったところもありました。攻守の切り替えなどはよくなってきているかなと思います。ただ、セルビア戦も今日もそうですけど、相手のレベルが高くなればボールへの寄せなど、ほんの小さな隙を突かれるので、もっともっと突き詰めていかなければいけないと思います」

―丁寧にパスを回すことを意識し過ぎるあまり、足元へのパスが増えて長谷部選手のところでボールを取られるケースが増えたのでは?
「そうですね。それは確かにあるかもしれないです。全員のパスの距離感が近くなってしまったと思います。ベラルーシは非常に組織されていて、来たボールに対しても非常に厳しく守備をしていました。これだけ戦術がしっかりしているチームはなかなかいないんですけど、そういう相手には細かい小さなパスっていうのは特に狙われるのかなというのはありました」

―細かいパスを使う攻撃になった意図は?
「それは選手の意識だと思います。ピッチをワイドに使ってサイドから攻めるっていうのをもう少しやるべきでした。それは監督も言っていることなんですが、正直、今日はできていなかったのかなと思います」

―守備のところで激しくプレーできなかった印象もあったが?
「球際ですか。自分たちはそんなに感じていないですけど、球際だったり、一対一の強さは日本にとって永遠の課題です。今日のベラルーシはホントに球際がしっかりしていて、一対一や、ここにボールが入ったらつぶしに行くとか、そういうのを徹底してやっていました。もちろん僕らもやっていかなきゃいけないところだと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る