2013.10.16

クラブでの出場機会減が響いたと明かす香川「やっぱり出なきゃ」

香川真司
ベラルーシ戦にフル出場した香川 [写真]=Getty Images

 15日、日本代表がベラルーシ代表と対戦し、0-1で敗れた。11日に0-2で敗れたセルビア代表戦とまったく同じメンバーでスタートした日本は、立ち上がりから優勢に進めたが、前半終了間際に強烈なミドルシュートで先制を許すと、後半もゴールを割れずにそのままタイムアップの笛を聞いた。

 試合後、フル出場した日本代表の香川真司は、以下のようにコメントしている。

―今日の試合の内容は?

「ベラルーシ相手に負けてしまったという、ワールドカップに出られない2チームに実際負けたというのが現状なのかなと思っています」

―今のチーム状態もある?

「そうですね。今のチーム状態も決してよくはないです。ただ、ここで下を向く必要はないですし、バラバラになることが一番ね…。このチームは同じメンバーで何試合もやっていますし、ここで空中分解というか、1人1人がこのチームに疑問を持った時に、一番やってはいけないことが起きると思うし、まずはこのチームを信じてやっていくしかないです。この2試合をしっかり受け止めていくしかないのかなと思っています」

―来月どうこの状態をリカバーするのか?

「僕個人的にはやっぱり試合に出なきゃいけないというのをこの2試合で改めて感じたし、チームでやらなきゃいけないこともあるのかなと思ったので。やっぱり個人個人がヨーロッパであったり、Jリーグで、また改めてこの2試合で感じたことを踏まえてやらなきゃいけないのかなと思います」

―試合に出ないといけないと思ったのはどういう部分で?

「体のコンディションであったり、親善試合ですけど、国を通して戦う雰囲気、そういうのがユナイテッドで出ている雰囲気とは似てはないですけど、試合勘だったりは公式戦で感じられるところがあると思っているので。この2試合はすごく飲まれていたというか、やはりどこか入り切れてなかった部分があったのは事実なのかなと思っています。あとはコンディション的な問題ですね。試合の中で実際、厳しい戦いの中で個を磨いて、自分を磨いていかなきゃいけないのかなと思いますし」

―試合での攻守の切り替えで頑張らないといけないといった気持ちの部分?

「それは両方です。気持ちの部分もコンディションもボールタッチもそうですし、細かいところも見て、いきなり来て試合をするのには、状態は悪かったのかなと。チームでやっぱり出なきゃいけないのかなと思いました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る