2013.10.16

無得点は産みの苦しみ…MF本田圭佑「新しいことにトライ」

本田圭佑
ベラルーシ戦にフル出場した本田(右) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が15日に行われ、ベラルーシ代表と日本代表が対戦。前半終了間際にゴールを奪ったホームのベラルーシが1-0で勝利した。

 試合後、フル出場した日本代表のMF本田圭佑は以下のようにコメントしている。

―今回の欧州遠征2試合を通して個人的に出た収穫と課題は?
「まあ、勝てないというところはある意味、収穫だったのかなと。おそらくこれを日本でやってガーナ戦に勝ったみたいに、セルビアとベラルーシに勝っていても、あまり意味がなかったと思います。アウェーで勝つということで日本は結果としてステップアップしないといけなかったんですけど、それができなかったのが残念です。ただ、それが実力なので、何でアウェーだと結果が出ないのかってところをしっかり受け止めたいです。自分たちが悪いのか、相手がいいのか、メンタル面が自分たちのプレーに影響している部分は多少なりともあるので、大舞台じゃなくてもリーグ戦を真剣にやって結果にこだわってプレーすることで、僕らのレベルはさらに向上していくと思います」

―勝つためにチームに足りないものは?
「いろんな場面で多々あるけれど、まず方向性は間違っていない。その中で(ゴールを)決める、決めないでサッカーはどうしても勝敗が決まります。失点して負けると守備が問題になるし、ゼロ得点で勝てないと決定力がないということになります。非常にシンプルなスポーツではあるんですけど、そこに至るまでにいろんな細かい勝敗がピッチ上ではあると思います。ただセルビアに対してもベラルーシに対しても、90分間自分たちのサッカーを貫いていたのは一つの進歩。ここでみなさんに叩かれて、僕たちがブレるようなことがあれば、それが一番ダメなことだと僕は思います」

―無得点に終わった原因については?
「選手たちで話して、今までやってきたことが出せていない部分もあるんですが、ワールドカップ用にさらに大きなものを披露しようとして、今はそれを組み立てている段階です。前と同じようにすれば得点できたかもしれないけど、新しくやろうとしていることが上手くいかず、新しいことにトライしようとして、以前の良さが出ていない。そのチグハグさは若干あると思います。選手も監督もそこは悲観していない。アジアカップで優勝した時のようなサッカーをワールドカップでやろうとは思わないし、一歩も二歩も先に行くためにシミュレーションしながら戦っている感じです。そこは非常にポジティブだと思っています」

―様々な選手が、以前より攻撃面の意見を言うようになっていると話しているが、今はそれぞれのサッカー観をぶつけあっている状態で、それが今言った進歩に繋がるというところの具体的な部分か?
「そうだと思います」

―実際に意見が沢山出ているところは、以前との違いはどのように感じているか?
「いいことだと思います。どんどん出すべきだし、正直ぶつかるのが遅いくらいだという風に僕は思っていますけど。結局は同じ日本人でもね、育ってきた環境が違うし、サッカーをしてきた環境が違うので、サッカーに対する考え方、攻撃においても守備においても違うと思う。そこをぶつけあっているというのは、僕は非常にポジティブだと思います。ちなみに前回のワールドカップではそれをスイスの(直前)キャンプで行ったので、そこは少なくとも進歩している」

―時期が早いから?
「危機感は既に、あのワールドカップと似たような感じで、このままだと負けるよというのは、既に今の段階で選手全員が。この話し合いになっていることは、その時点での進歩なのかなと思っています。妥協は許さないと思います、このミーティングでは」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る