2013.10.15

森重真人、守備改善に向けて「ナイーブになることはない」

 日本代表は14日、ベラルーシ代表との国際親善試合を控え、前日練習をベラルーシ国内で実施した。

 練習後、FC東京所属の日本代表DF森重真人は、以下のようにコメントした。

―このシリーズ(欧州遠征)最後の試合だが、出場したら、どのようなプレーをイメージしている?
「うーん、チーム全体で守備ができている時はそんなに失点していない。だから、それ以外のところ、カウンターだったり、セットプレーだったり(で失点しないように)というところだと思う。失点に関してナイーブになることはないけど、最大の準備はしておかないといけない。そういう面は、より意識を高くやっていければいいと思う」

―リスクマネージメントについては? 臨機応変にやるのが1つのテーマだと思うが、話をしているのか?
「それぞれでやっていると思うし、試合が終わってからも、食事会場やそれ以外のところで、『あの時はどうだこうだ』と話はしている。各ポジションでやっていると思う」

―明日は高さのある相手だが?
「とにかく、セットプレーは人に(マークに)つくことが大事。それをやっても、点(ピンポイント)で合わせられることはあると思うから、それは仕方ない。守備だけではなくて、攻撃でも、自分たちが良い時間帯の時に点を取れるようにというところだったり、チャンスをしっかりモノにできるようにやっていった方がいいかなと。守備はクローズアップされがちだから、そこばっかり考えても仕方ないと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る