2013.10.14

ベラルーシ攻略に向けてFW岡崎慎司「攻めのパターンを増やす」

 日本代表は13日、ベラルーシ国内で欧州遠征7日目の練習を実施した。
 
 練習後、マインツ所属のFW岡崎慎司は以下のようにコメントしている。

―セルビア戦を振り返って
「今までやってきたことを変える必要はないし、前の試合も別に相手にやられたところはそんなになかったと思います。自分たちが支配しているという感覚ではなかったけど、相手に自由にやらせずに自分たちのペースで戦う方が多かったと思うし、チャンスも自分たちの方が多かったです。その中で負けたというのは反省すべきところ」

―課題について
「決めないと勝てないというところで、チャンスの作り方とか、単純にクロスを上げて跳ね返されるならどうやって攻めれば決定機が作れるのかとか、細かい部分のパターンを練習でやっていても、試合でやらないといけないです。1、2パターンしかなかったら、それを3、4パターンくらいに増やせるようにチームでやっていく必要があると思います。監督もそれを言っていました。自分たちの決定機の数を増やす、攻めのパターンを増やすことが次の試合の課題です」

―ベラルーシの印象は?
「ビデオ見て、ベラルーシはいいチームだなと思いました。守りに関してはウズベキスタンとかと同じで、体がデカくて強い選手が多い。彼らがブロックで固めてきた時、単純な裏に抜ける動きだけじゃなくて、誰かが裏に抜けたら、さらに別の選手が飛び込むといったコンビネーションが必要かなと。単発での攻撃で点は入らないけど、そこに2、3人が絡めばもっといい攻撃ができるんじゃないかと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る