2013.10.14

日本代表がベラルーシでの初練習を実施…本田は別メニュー調整

 7日から行われているザックジャパン10月の2連戦(11日=セルビア、15日=ベラルーシ)の強化合宿もいよいよ後半戦に突入。12日午後にベラルーシへ移動してきた日本選手たちは13日午後、首都・ミンスクのトラクター・スタジアムで現地初練習に臨んだ。
 

 気温25度を記録するほど汗ばむ陽気だったノヴィサドとは異なり、ミンスクは夕方になると10度近くまで冷え込む。イングランドで冷涼な気候に慣れているはずの香川真司(マンチェスター・U)も「寒いですね。風邪をひかないようにしないと」と語っていた。15日の試合会場はミンスクから50㎞北東に行ったジョジナ。当日は雨の予報で、環境はより変わるだろう。それに適応するのも欧州での戦いの難しさだ。選手たちはまずコンディションをしっかり整える必要があるだろう。
 

 アルベルト・ザッケローニ監督は移動疲れを考慮したのか、この日は体幹強化や短いダッシュを織り込んだサーキットトレーニング、5対5のフットバレーを1時間半実施する軽い内容にとどめた。左足打撲の本田圭佑(CSKAモスクワ)が前日同様に別メニューだったのも、実戦形式を避けた一因だったのかもしれない。
 

 負荷を下げた分、ホテルではみっちりミーティングを行った模様。練習中も柿谷曜一朗(セレッソ大阪)や清武弘嗣(ニュルンベルク)を呼んで直々に守備戦術を徹底させていた。敗れたセルビア戦から頭を切り替え、体格面で日本を上回るベラルーシを攻略することに集中する方がチームとしては確かにプラスだ。

 ベラルーシはセルビア同様、強固な守備からのカウンターやセットプレーを得意とするチーム。日本としては同じ轍を踏むことだけは避けなければならない。今回は攻めの工夫をどうつけるかがポイントになりそうだ。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る