2013.10.13

セルビア戦を振り返る長友佑都「リスクを冒して飛び出せなかった」

 日本代表は12日、欧州遠征6日目の練習をセルビア国内で実施した。

 練習後、日本代表DF長友佑都は以下のようにコメントした。

―1年前のフランス戦は、最後にここだというタイミングで上がったが、スイッチを入れるような場面がアウェーの戦いは大事になるのでは? 
「昨日もそうですけど、前半の前半とか特に相手も高い位置を取ってきて、(香川)真司が相当低い位置まで守備をしないといけない状況でした。そうなっちゃうと、その後なかなか上がることはできないし、体力も消耗してしまうと。逆に言えば、僕たちがああいうことをやらなければいけないということで、あまりにも昨日はちょっとリスクを冒せず、相手のカウンターが怖かったりしたので、余りすぎていたかなというのがありました。リスクを冒して飛び出していく選手、スイッチを入れる時にはみんなで相手ゴールに襲い掛かるっていうか、そういうサッカーをしていかないと難しいんじゃないかと思います」

―18番のバスタはイタリアでプレーしている選手だが?
「いい選手ですよ」

―いつもセリエAで普通に止めている選手にやられてしまうというのは、受け身になってる日本の姿勢も問題だったのでは?
「前半の前半は完全に受け身になっていたので、ああなっちゃうと僕らのサッカーは厳しいですね」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る