2013.10.13

ベラルーシ戦に向けて日本代表が練習開始…本田が記者に逆質問

 FKからの流れとカウンターで2点を食らってセルビアに苦杯を喫した一戦から一夜明けた12日。日本代表はノヴィサド郊外にあるFCヴォイヴォディナの練習場でセルビア最後のトレーニングを消化した。
 
 この日も夏を思わせる温暖な陽気の中、選手たちは9時すぎから1時間程度のトレーニングを開始。前日の試合に先発した11人はクールダウンに努めた。このうち本田圭佑(CSKAモスクワ)と遠藤保仁ガンバ大阪)は完全別メニュー。本田はセルビア戦開始10分に左足を痛め、遠藤は左足首ねん挫が完治していないことから、負担を軽くしたものと見られる。それ以外の細貝萌(ヘルタ・ベルリン)や清武弘嗣(ニュルンベルク)ら控え組のフィードドプレーヤー10人は、ボールコントロール練習やクロス&シュートを実施。最後にGK西川周作サンフレッチェ広島)、権田修一FC東京)の2人が加わって狭いエリアでの6対6を何本か繰り返した。

 練習後のミックスゾーンでは本田が記者に「自分からは喋りませんけど、昨日の試合をどう思いますか?」と逆質問する場面があった。本田自身は試合後のテレビ取材で「決めきれない部分を突き詰めたい」とコメントしており、決定力不足が敗戦の最大の要因と捉えている様子だ。だからこそ、3日後のベラルーシ戦(ジョジナ)ではフィニッシュの精度を上げないといけない。長友佑都(インテル)が「シュートをもっと打たないといけない」と強調した通り、チーム全体として得点への貪欲さを高めることがまずは重要だろう。アタッカー陣を含めて強い意識を持って次戦に挑む必要がある。

 練習後、日本代表はチャーター便でベラルーシのミンスクへ移動した。残された活動時間は3日。これを最大限有効に生かしたい。

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る