FOLLOW US

敗戦を振り返るMF長谷部誠「点を取れないとこういう結果になる」

日本代表主将の長谷部 [写真]=Getty Images

 国際親善試合が11日に行われ、セルビア代表と日本代表が対戦。後半に挙げた2得点により、ホームのセルビアが2-0で勝利した。

 試合後、先発出場し、67分までプレーした日本代表のMF長谷部誠は以下のようにコメントしている。

「監督も言っていたけど、アウェーの中でどれだけ自分たちのサッカーで主導権を握ってできるかやっていこうと話していました。もちろん主導権を握っていた時間帯もあったけど、そこで点を取れないとこういう結果になってしまうのかなと思います」

―相手が最後のところで跳ね返して速攻を受けていたが?
「相手はホームだし、僕らに主導権を握らせてカウンターというのは狙っていなかったと思うし、相手のやり方は前からプレッシャーをかけて、前からハメてミスを誘って取るというのはビデオで見て分かっていました。前半にそういうサッカーをさせなかったのはよかった部分だと思いますね。ただ、それが試合を通してできませんでした」

―ボールは持てたものの、チャンスはあまり作れなかったが?
「いろんな要素があると思います。正直ピッチが悪く、自分たちの前の選手は普段あんなミスをしないというミスをしていたし、みんなセーフティにやろうとしすぎていた部分はありました。監督もハーフタイムにテンポということを言っていたけど、ボールを持つ時間が長かったです。ワンタッチ、ツータッチで回すことができれば、もう少し崩れたと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA