2013.10.12

攻撃面の課題に言及するFW岡崎「カウンターの精度を上げないと」

岡崎慎司
セルビア戦に先発出場した岡崎(左) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が11日に行われ、セルビア代表と日本代表が対戦。後半に挙げた2得点により、ホームのセルビアが2-0で勝利した。

 試合後、先発出場し、89分までプレーした日本代表のFW岡崎慎司は以下のようにコメントしている。

―試合を振り返って。
「そんなに悪い感触はなかったです。チームとして、ボールを失った時はうまく切り替えて前からいけていました。それをはがされた時はちょっとピンチになっていたけど、それ以外はうまくできていた時もあったので。同じような力のチームとやった時は、うまくいかない時もあったり、うまくいく時間帯もあります。そういう時にどっちが点を取れるかだと思うし、相手はそこまで大きなチャンスがない中で決めてきました。それが相手の落ち着きに変わったと思います。その後も1-1にするチャンスはあったし、そこで決めないとこういうチームには勝てないです。単純だけど、結局はそういう部分になってくると思います」

―攻撃については?
「変わってきているのは危険なボールをみんな入れようとしていること。例えば、五分のボールでも(柿谷)曜一朗に入れるとか、(香川)真司とか俺のところに入れようとは考えているし、今までみたいにパスをつなぐよりも、早い攻撃で(本田)圭佑に入ったらみんなが裏を狙っています。ただ、狙えてはいるけど、最後のところでチャンスになりかけて終わってしまっています」

―テーマだった守備の部分に関しては?
「うまくいっていたと思うし、やられた部分はそんなになかったと思います。プレッシャーにいって外されたときにピンチになった場面はあったにせよ、そんなに何回もあったわけじゃないし、カウンターで相手が決めたので。ただ、言うのは簡単だけど、ああいうのを簡単に決めるのは自分たちと違うところ。逆に僕らはカウンターの精度を上げないといけない。こういう相手になってくると、そう簡単に整っている状態で点は決められないし、ボールを取った瞬間にスピードを速くしてゴールを決めることが次は必要になってくるのかなと思います」

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る