2013.10.12

失点場面を反省するDF内田篤人「教科書通りやられたというか」

内田篤人
セルビア戦に出場した内田(左) [写真]=Getty Images

 国際親善試合が11日に行われ、セルビア代表と日本代表が対戦。後半に挙げた2得点により、ホームのセルビアが2-0で勝利した。

 試合後、フル出場した日本代表のDF内田篤人は以下のようにコメントしている。

―今日は最初の入りがスタンコヴィッチの引退試合ということで、難しさがあったのでは?
「ホントにいい選手がサッカーを辞めていくっていうのは、セレモニーをやらなきゃいけないことですし、それはやる前から話をしていて分かっていたことなので。向こうもそうなんで、別に理由っていうことにはならないと思います」

―最初の20~25分はかなり支配されてボールも落ち着かなかったが?
「ちょっと中盤の陣地でのミスが多かったので、そこは気を付けたいと思います。アウェーなんで相手にボールを持たれるっていうのは予想もできてますし、その中で後半なんかは向こうが間延びして、清武、本田さんあたりでいいボールが入るチャンスもあったんで、点が取れるようじゃないと。向こうはワールドカップに出られないチームなので。ワールドカップに出るってことはすごい大切なことだと思いますけど、日本のレベルを考えた時に、僕なんかシャルケで言われますけど、お前らアジアだからだっていう言葉を覆したいと思っています。そういうのは結果を出してかないと自信にならないので」

―最初の失点はFKから放り込んでくると分かっていたか?
「向こうは背が高いですけど、うまく気をそらしてというか、注意力を散らしてやってくるっていうのは、スカウトの段階でもかなり頭に入っていました。教科書通りやられたというか」

―スカウティングで言われていたプレーで失点を喫してしまったのか?
「ちょっと真ん中が空いてしまいました」

―後半は相手の中盤が間延びしたと言っていたが、見ている側としては後半になって相手がエンジンをかけてきた印象だったが?
「まあ、時間が進むにつれてボールへのプレッシャーというか、試合の熱さは増したと思いますけど、でも前半よりもポンって真ん中が空くシーンがありました。最後はやっぱり堅いなと思いますね。ゴール前は人数かけていましたし。最後ちょっとマイクを入れましたけど、ヨーロッパの国の守り方っていうのは理にかなっていると思います。ああやってゴール前を固めて人数かけて、大柄な選手もいましたし」

Jリーグ順位表

FC東京
20pt
サンフレッチェ広島
17pt
名古屋
16pt
Jリーグ順位をもっと見る
水戸
22pt
大宮
20pt
甲府
19pt
Jリーグ順位をもっと見る
C大23
13pt
北九州
13pt
讃岐
13pt
Jリーグ順位をもっと見る