FOLLOW US

セルビアの印象語る吉田麻也「ヨーロッパの中でも強い国」

日本代表の吉田麻也がセルビア戦を展望 [写真]=千葉格

 日本代表は10日、セルビア代表戦の前日練習を試合会場のカラジョルジェ・スタジアムで行った。

 練習後、サウサンプトン所属のDF吉田麻也は、以下のようにコメントした。

―明日は試合だが、このレベルの相手と対戦することは、(ブラジル)ワールドカップでどのくらいやれるかを試すテストになるのでは?
「セルビアはワールドカップに出ないとはいっても、(予選の同じ組に)ベルギーとクロアチアがいたから、アンラッキーな部分もあったと思う。実力的にはその2つ、ベルギーはともかく、クロアチアとかとは変わらないと思うから、ヨーロッパの中でも強い国。そういう国と、アウェーでどれだけできるか。去年もそうですけど、ヨーロッパ遠征の課題はそこだと思う。守備陣はとにかく、この間の2試合(9月のグアテマラ戦、ガーナ戦)で前進し始めた守備を、またしっかり前に進めていけるようにしたい」

―9月の2試合でできた部分、できなかった部分を振り返って今回につなげる?
「ラインコントロールや距離感、プレッシングは悪くはなかったと思う。ただ、相手のレベルが高くなるほど、それをするのが難しくなるし、継続して行うことが大事。『これができなかった』というのは前回は感じなかったけど、レベルが上がっても同じようにできるようにやっていかないと」

―『ラインは上げたいけど、押し込まれる時間帯も出てくる』と(前日に)話していたが、そのあたりの意思統一はしたのか?
「流れの中で話していかないといけない。試合の中で、もちろん強豪と当たる時は常に、そこを意識していかないといけないと思う」

 日本代表は11日にセルビア代表、15日にベラルーシ代表とそれぞれ対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO