2013.10.10

吉田麻也が抱負「ラインをコンパクトにして連動した守備を」

吉田麻也
日本代表の吉田麻也 [写真]=千葉格

 日本代表は9日、欧州遠征3日目の練習をセルビア国内で実施した。

 練習後、サウサンプトン所属のDF吉田麻也は以下のようにコメントした。

「9月の2試合(グアテマラ戦、ガーナ戦)は悪くなかったけど、こういうアウェーの地で、ヨーロッパの強い相手としっかり戦う時に力を出せるかが本当に大事だと思う。ラインをコンパクトにして、連動した守備を出せればベストだと思います」

―9月の2試合よりも(相手に)押し込まれる時間が長くなると思うが?
「前線にもすごく良い選手が揃っている。もちろん、アウェーだから押し込まれる時間もありえると思うから、そこは意識しないといけない。『我慢する時は我慢する』とはっきりするのは、特にアウェーでは大事になってくるので。それはコンフェデ(レーションズカップ)でも実感したし、そういう時間帯は出てくると思うから、意識してやらないといけないと思います」

―(DF)ラインを上げたくても、上げられない状況も出てくる?
「基本的には、なるべく高い位置を保ちたい。前からのプレスに行くためには、やっぱりラインを上げないと苦しくなるので。一番はやっぱり、ラインを保つこと。ただ、時間帯によっては、そういう(ラインを上げられない)時間帯も出てくると思うので、そういう時はしっかり下げて、前から行かせない。そんな時間も出てくると思います。(前線の選手への指示は)今回に限ったことではないけど、アウェーだし、しっかり意識しないといけない」

―セルビア代表の印象は?
「FW(の選手)は多少、(招集されず)来ていないと聞いていますけど。それでも、ヨーロッパの、皆が知っているチームでやっている選手ばかりなので、手強いでしょうね。特に守備の選手は、(チェルシーのブラニスラヴ)イヴァノヴィッチはもちろんで、プレミアでも屈指のセンターバックとサイドバック。(アレクサンダル)コラロフもそうだし、サイドバック2人は相当やるんじゃないかなと思います」

 日本代表は11日にセルビア代表、15日にベラルーシ代表とそれぞれ対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る