FOLLOW US

U-18日本代表が6発圧勝で白星発進/AFC U-19選手権

 中国で開催されているAFC U-19選手権2014の予選で、グループIの第1戦が8日に行われ、U-18日本代表とU-18マカオ代表が対戦した。

 立ち上がりから日本が主導権を握り、9分にサンフレッチェ広島F.Cユースの川辺駿が先制点を奪うと、12分に大宮アルディージャユースの大山啓輔、19分にはJFAアカデミー福島の金子翔太がゴールを決めた。さらに前半終了間際には、サンフレッチェ広島F.Cユースの越智大和が4点目を記録。前半を4-0で終えた。

 後半に入っても、日本は攻撃の手を緩めず。59分に越智が自身2点目を決めると、89分には、名古屋グランパスU-18の北川柊斗が6点目を挙げた。日本はマカオにシュートを1本も許さず、6-0で圧勝。大会初戦を白星で飾った。

 チームを率いた鈴木政一監督は試合後、勝利を以下のように振り返った。日本サッカー協会がコメントを伝えている。

「今日の試合は、チームとしてやろうとしたことはできたと思います。結果として得点もとれましたし、良い守備もできていたと思います。しかし、ゴール前でのラストパス、シュートの精度が低く、ミスが多かったので、次の試合での課題としてまた取り組んでいきたいと思います」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO