2013.10.02

ラモス監督、シルバーボール受賞の茂怜羅オズを絶賛「侍そのもの」

ビーチサッカー日本代表を率いるラモス瑠偉監督 [写真]=本田好伸

 日本サッカー協会は1日、FIFAビーチサッカーワールドカップ タヒチ 2013で、ビーチサッカー日本代表の茂怜羅オズがシルバーボールを受賞したことを発表した。

 ワールドカップでビーチサッカー日本代表を指揮したラモス瑠偉監督は、茂怜羅オズの受賞について、以下のように称賛を送った。

「茂怜羅オズ選手の存在なしには、今大会のビーチサッカー日本代表の躍進はありえませんでした。FIFAワールドカップでシルバーボールという素晴らしい評価を受けましたが今大会で茂怜羅オズ選手が最も優れた選手であることは大会を見ていた多くの人が感じているに違いありません」

「日本のビーチサッカー界の環境は、選手の生活の保証はなく、トレーニング環境、試合環境など国際大会で活躍するだけのステージとしては課題が山積みでした。そのような日本ビーチサッカーの環境を承知の上で、世界の強豪国、強豪チームからの好条件のオファーを受けていたにも関わらず日本でプレイすることを選んでくれました。日本を心から愛し、日本のために、日本のビーチサッカー界の発展のために、大会中も痛めた足をかばうことなく選手生命を懸けてプレイした姿は『侍』そのものでした。日本代表監督として以上に日本人として茂怜羅オズ選手を誇りに思いますし感謝の気持ちでいっぱいです」

「茂怜羅オズ選手のシルバーボールの受賞は、日本ビーチサッカーの歴史に残る素晴らしいものです。茂怜羅オズ選手には、この先も日本ビーチサッカー界のリーダーの一人として『日の丸』を背負ってプレイし続けてくれることを期待しています。そして、日本のビーチサッカー選手、子供たちは、ビーチサッカー界の宝である茂怜羅選手というお手本からたくさんのことを学んでほしいと思います」

 シルバーボールは、ゴールデンボール(大会最優秀選手)に次ぐ賞。主将を務めた茂怜羅オズは、4試合で4ゴールを挙げて、日本のベスト8進出に貢献していた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
56pt
川崎F
52pt
FC東京
43pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
64pt
町田
61pt
大分
60pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
47pt
沼津
43pt
鹿児島
43pt
Jリーグ順位をもっと見る