FOLLOW US

ラモス監督率いるビーチW杯日本代表、初戦は王者ロシアに敗戦

日本は初戦でロシアと対戦した [写真]=FIFA via Getty Images

 FIFAビーチサッカーワールドカップタヒチが18日に開幕し、グループDに所属するラモス瑠偉監督の率いるビーチサッカー日本代表は、グループステージ初戦でビーチサッカーロシア代表と対戦した。

 日本は、前回王者を相手に、第1ピリオドは無失点。しかし、第2ピリオドに入ると、13分と14分に連続失点を喫した。リードを奪われると、山内悠誠が立て続けにシュートを放ったが、得点とはならなかった。第2ピリオド終了間際にも松田圭祐がダイビングヘッドでシュートを狙ったが、枠を外れた。

 日本は2点ビハインドのまま最終ピリオドを迎えると、28分に當間正人が折り返したボールを松田が押し込み得点した。1点差に詰め寄ると、押し込む時間帯が続くが、同点ゴールを挙げられずにいると、31分に立て続けに2点を失った。

 3点ビハインドとなった日本は、2点目を奪えずにタイムアップを迎えた。ロシアに1-4で逃げ切られ、黒星スタートとなっている。

 日本は、20日の第2戦でビーチサッカーパラグアイ代表、22日の第3戦でビーチサッカーコートジボワール代表と対戦する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA