2013.09.11

失点で川島永嗣は反省の弁「1試合1試合積み重ねていくことが大事」

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3−1で逆転勝利を収めた。

 試合後、フル出場した日本代表の川島永嗣は、以下のようにコメントしている。

—GKとして失点場面はノーチャンスだったと思うが?
「まあ、DFにも当たっているし、失点シーンだけじゃなくて、ここのところ自分たちのペナルティエリア内で中途半端になったところで、相手に2次的に攻撃されることが多い。そのあとは多少、意識的にそういうところはハッキリやるというところがでてきたから、失点のあとはチームとしていい形でできたと思う。ただ、今日の試合だけじゃなくて相手の2次攻撃を防ぐという意味でも、失点を防ぐという意味でも、どれだけハッキリできるか。今までもそうだけど、DFだけじゃなくてFWも意識することが重要になってくる」

—これまで失点が多く守備が課題になっていたと思うが、この2試合はどう感じているか?
「今日の前半も、いい形で自分たちが守備できていたかというと、そうでもない。ハーフタイムにお互い話して、前と後ろでコミュニケーションを取っただけでも、後半はうまくやれるようになった。ここのところ、失点が多くてチームとしてもなかなか上手くいかないところもあったけれど、こういうのは本当に積み重ねだと思う。1試合を無失点で終えたから全てが解決したわけではないから、1試合1試合積み重ねていくことが大事だと思う」

—この2試合で悪い流れを切ってリスタートできたという印象は?
「それは僕たち次第だと思うし、今日一番大事だったのは結果と自分たちが今まで守備でも攻撃でも自分たちの形を取り戻せるかっていうことだったと思うし、ただここからもう1回自分たちがリスタートできるかどうかっていうのは、また次の試合で自分たちが同じようにチームとしてどういう気持ちをもってやれるかだと思う。ここ2試合勝てたってことは非常に大きなことですけど、また10月11月と試合がある中で、僕たちが同じようにどれだけチームとして完成度を高める意識を持つかが大事」

—今日の試合で言えば、同点に追いついて、逆転してから失点しないのが非常に大事だったが、FK止めたシーンを含めて集中していたが?
「まあ、まずは無失点が一番だったと思っているし、そういう意味で1点取られてしまったのは残念だけど、ああいう形で自分たちが1点取られた後も続けてチームとしてもやれたし、それが3—1っていう結果にもつながったと思う。個人的には今日、数日前に昔名古屋で一緒にプレーしていたマレク(・スピラール)が亡くなって、ホントにちょうど試合の時間帯くらいがお葬式だったので、行けなかった分、絶対に勝って自分としてはプレーで何か示したかったのはあったし、勝ててよかった。1点取られたのは残念だけど、今日は自分として彼のためになるプレーができたのかなと」

—この2試合のテーマだった守備の再構築に関して手応えは?
「まだまだ。意識付けという意味では、練習を含めていい時間だったと思うけれど、この2試合の結果が全てではないので。一緒に過ごして、チームでもう1回どうやるのか、ということを積み重ねなければ意味がないし、強いチームと戦った時にはっきり意識を持ってできるのか。ここからもう1回、自分たちを見つめ直して、守備だけじゃなくて攻撃を含めて自分たちの形をより高めていければいい」

—個人としてワールドカップまでに高めていきたいところは?
「チームとしてやることはハッキリしている。ただ、コンフェデやこの前のウルグアイ戦も含めて、違うシチュエーションが出てくることもある。ノーチャンスと思うところも出てくるけど、そういうシーンを1つでも消せるかが自分のテーマ。それは今回だけじゃなくて前回のワールドカップでも同じ。地道な作業になるけれど、少しでも減らせるように積み重ねていきたい」

—吉田選手がラインを上げようとしても、内田選手が残っていたり、リスキーな場面があったと思うが、後ろから見ていてどう感じるか?
「相手がフリーの状態で、1本でやられる場面はそんなになかったと思うし、この前みたいに相手のサイドバックがボールを持っていて、僕と一対一になるような場面はなかった。チームでディフェンスしようとした時に、上手くはまらなかったらどう対応するのか。ディフェンスラインは臨機応変に対応しなければいけないけど、その辺は上手くカバーできていたと思う」

—GKとしては抜けてしまった時に、飛び出す判断などをしっかりするということになると思うが?
「見えていれば声をかけるし、それは練習の中でも同じ。まずは、失点に絡んだところもそうだけど、ペナルティエリア内でハッキリしたプレーをする意識がより大事」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る