2013.09.11

柿谷は自身の出来を猛省「反省の試合。情けないというか、迷惑だった」

柿谷曜一朗
自身の出来についてコメントした柿谷 [写真]=嶋田健一

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3-1で逆転勝利を収めた。

 試合後、先発出場し、75分までプレーした柿谷曜一朗は、以下のようにコメントしている。

「この程度のプレッシャーというか、90分間ずっとプレッシャーかけてきたわけじゃないじゃないですか。ちょっと相手もバテていたと思うし、この程度と言ったらちょっと悪いと思うんですけど、もっと上を目指すなら、こういう試合でもミスをせずにしっかりやらないといけないと思う。そういう面では個人的にはすごいミスが多くて、反省の試合かなと思います」

―もっとボールに触りたかったのでは?
「そうですね。でもやっぱりバイタルのところへ僕が行っちゃうと、あのシャドウの3人(本田、香川、清武)のよさが消えると思うので、なるべくオフサイドラインぎりぎりのところで駆け引きするのは自分の中で決めていたし、監督からも言われていたので。ただ、ボールの呼び込み方やったり、タイミングっていうのは僕がもう1つ速かったりというのがあったので、オフサイドにかかってしまって。そこは合わせないといけないと思いました」

―下がってというより、前でいい形で受けたかった?
「(ボールが)入ってこないわけではないし、チームコンセプトとして、僕があそこを引っ張るからバイタルが空くわけで、そこはもう僕もそれにイライラしていたらチームのために戦っているとは言えない。その後そこでプレーしている人たちがシュートを打った後のこぼれ球だったり、壁になることだったりを気を付けてやっているところですけど、そこのミスが今日は正直目立ったので、情けないというか、迷惑だったなと思います」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る