2013.09.11

イエロー覚悟のプレーで内田篤人は途中交代に「俺も納得」

内田篤人
途中交代となった内田篤人 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3−1で逆転勝利を収めた。

 試合後、55分間プレーした日本代表の内田篤人は、以下のようにコメントしている。

—最初の交代にはなったけれど、清武選手を起点にしながら攻撃参加する意識が見えたが?
「清武はオカちゃん(岡崎)とはまた違う特長があるというか。どっちがいいというわけではないですけど。まあ、当ててボールが出てくるというのはわかっていましたし。交代は早かったですけどイエローをもらっていたので。あとで監督に謝られましたけど。俺も納得というか、イエローをもらいにいったので、それはしょうがないかなと」

—岡崎選手とは特長が違うということで、清武選手のどんな特長を生かそうとしたのか?
「なるべくゴールというか、前を向いてプレーしてもらいたいなと思って。僕も彼がフリーになるような動きをしました。ただ、どうしても右サイドの右利きなんで、監督がやりたいのは左サイドの右利きのようなプレーだと思うから、その方がやりやすいと思うけど、彼は技術があるから」

—守備の部分で1週間練習した成果は試合になってみないとわからないと言っていたが?
「まあ、失点しましたけどガチャガチャってなっちゃった部分はあるので。失点したことは反省しないといけないですけど、ああいう相手でもピンチというピンチはしょうがないんで。試合中にあることだから。あとは個人で考えて、次の試合は無失点でいけるようにしたいと思います」

—失点後にあまり焦らなかったのは相手のレベルが関係しているのか?
「前半から何度かチャンスは清武もありましたし、本田さんもあったので、いつか点は取れるかなというのはありました。まあ、向こうは時差ぼけもあったと思いますし、来てくれただけで感謝しますけど、後半はガクっと足が止まったんで。スペースができれば、前には細かくつないでいける選手がいるので、上手く点を取れましたけど。まあ、ああいうのが前半から、相手が元気なうちからできると面白いかなと」

—後半は左サイドからの攻撃が多かったから、右サイドはバランスを取るだけだったようだが?
「試合前のミーティングから、そういう話がありましたし、左から攻めるというのはチームとしても。ヤットさん(遠藤)も向こう(左サイド)にいるし、左サイドにボールが集まるのは分かっていますから。僕としては、代表では右と左を同じようには考えていないです」

—相手の守備が弱い場合は?
「アジア予選とかでは、そういう試合もありましたけど、今日は左で動かして。オカちゃんで為留めるという今までの形もありますから。右のDFは簡単にさばいてバランスだけ取れっていう。チームのバランス役なら黒子でもいいと思うんですよ」

—その中で1つ前の清武選手はどう生かすのか?
「孤立しやすくはなると思いますけど、そこはまた上手くやるしかないです。僕もこことシャルケでやっているプレーは大分違うんで。まあ、どっちがいい悪いではなくてチームとしてのバランスがあるし、右と左の違いもあるんで。それでバランスをとれるならとれるでいいし、僕もディフェンスは意識しているんで。まあ、勝てればいいです」

—相手のスピードが早くて、数的同数の場面になる場合があったが?
「まあ、今ちゃん(今野)が(スピードで)抜かれる場面っていうのは、あまり見たことがなかったですけど。アフリカの選手だと、ああいうシーンが何回か出てくるようなことがあるんで」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る