2013.09.11

長谷部誠、先制許す展開に「もう少し試合巧者にならないと」

長谷部誠
長谷部誠(左)がガーナ戦を振り返った [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3-1で逆転勝利を収めた。

 先発出場した日本代表の長谷部誠は、試合後、以下のようにコメントしている。

―逆転勝ちしたが?
「先制されてから逆転するのは久々なので、勝てたことに関しては良かった。でも、しっかりと試合を見ると、特に前半はガーナが非常に良かった。その中で、自分たちも良いチャンスは作れたけれど、なかなか点を取れなかった。一発のカウンターで悪い取られ方をしてやられて(失点をして)、ゲーム運びとしては良くなかった。後半は、ガーナ(のペース)が落ちたということもあったけど、しっかり3ゴールを取れたことは収穫。ただ、試合運びという意味では、もう少し試合巧者にならないといけないと思った」

―守備の意識は高かったが?
「前半は0-1で、相手のリードで終わったけど、チャンスも作れていた。ただ、試合の中で、悪い取られ方をしてカウンター(を受ける)という形は今日も2、3回あった。その中で1回やられているので、ちょっと確率が高すぎる。カウンター(に対する守備)のところは、もう少し修正していかないといけない。ポジショニングであったり、人数が揃っていなければ遅らせることであったり。失点のシーンでも、もう少し(うまく対応が)できれば良かった」

―日本の得点は比較的シンプルな流れだったが、シュートを打っていこうという意識だったのか?
「相手がルーズになった部分は確かにあった。やっぱり、サイドで1回起点を作ってから中で仕留めるという部分では、『中、中』じゃなくて『サイドから中』に入って、良い形を作れたと思う。前半もシュートはあったし、試合を通してそういう意識はあったけど、後半に特に(シュートの意識が強かった)ということはない」

―(2-4で敗れた8月の)ウルグアイ戦と違って、長い時間で準備できたところがいい方向に作用した?
「ウルグアイ戦(の時)でも、2日間は練習したけど、コンフェデ(レーションズカップ)で出た課題を、今回は約8日間、練習ができて、意思統一がはっきりできた。トップレベルの4チーム(コンフェデレーションズカップで対戦したブラジル、イタリア、メキシコとウルグアイ)と試合をして、出てきた課題が、ここにきて意味のあるものになってきたと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
34pt
鹿児島
29pt
沼津
29pt
Jリーグ順位をもっと見る