2013.09.11

2戦連発弾の遠藤保仁「圭佑が良いタイミングで落としてくれた」

遠藤保仁
逆転ゴールを決めた遠藤保仁(左) [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3-1で逆転勝利を収めた。

 フル出場で1ゴール1アシストを記録した日本代表の遠藤保仁は、試合後、以下のようにコメントしている。

―1ゴール1アシストだったが?
「(チーム2得点目は)シュートレンジだったし、コースはあんまり良くなかったですけど、入って良かったという感じ。タイミング的に、(本田)圭佑が良いタイミングで落としてくれたし、ワントラップ目が決まりさえすれば、という感じだったから、イメージを持ちながらやった」

―(チーム3得点目となった本田圭佑のゴールの)アシストは?
「僕はあのあたりに良いボールを蹴れば、という感じ。中の入り方次第だから、(吉田)麻也もうまくつぶれてくれたし、(本田)圭佑もよく当ててくれた。あのゴールでだいぶ楽になったと思う」

―課題だった守備面で先に失点して、カウンターを何回か食らったが?
「先に点を取られてしまうと、相手が引いた形でカウンター(を受ける状態)になる。身体(能力)的に、走力のあるチームだとそうなりがち。極力、カウンターを食らわないように、ボールの取られ方を考えなければいけない。何度か危ない場面があった。(失点は)1点だけだったが、2、3点取られてもおかしくない状況もあったから、極力そういう形を減らしていきながら、やっていければ良いと思う」

―数的同数になった時に厳しくなっていたが、もっと数的優位を作らないといけないのでは?
「セオリーとしては、相手より1人多く(揃えた状態で)守備のバランスを考えながらやらないといけない。ただ、攻撃の形が良い感じになると、どうしても前がかりになってしまう。そのリスクマネージメントを含めて、バランス良く攻守両面で戦わないと。一発で状況を変えられてしまう可能性もある。これから気を付けてやっていければ良いと思う」

Jリーグ順位表

川崎F
69pt
サンフレッチェ広島
57pt
鹿島アントラーズ
56pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
77pt
大分
76pt
横浜FC
76pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
66pt
鹿児島
57pt
鳥取
53pt
Jリーグ順位をもっと見る