2013.09.11

内容に満足感を示す本田「今日はガーナより僕らのほうが確実に上」

本田圭佑
試合を決定づける3点目を決めた本田 [写真]=兼子愼一郎

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3-1で逆転勝利を収めた。

 試合後、3得点目を記録した本田圭佑は、以下のようにコメントしている。

「正直、(ガーナの)身体能力は、世界レベルかなと感じましたね。こういうレベルになると、相手に先を読まれたり、フィフティ・フィフティのプレーになったりすると、どうしても差を見せつけられてしまう。1対1で勝てないと言っているのではなく、タイミングよく仕掛けることができれば相手を抜くことも、相手を抑えることも可能なんでね。タイミングや相手の逆を取ったりとかの部分で、こういったレベルの経験を日常から慣れている選手と慣れていない選手が見受けられた。もちろん物理的にこういうレベルに慣れるのが難しいリーグでプレーしている選手はいるけど、今日感じたスピードを忘れないように意識して取り組んでいくことが大事なんじゃないかな。普段からどれだけ完璧を目指していけるかだと思うんでね」

「前半のチャンスを外した後は、ちょっと焦ってはいたんですけど。真司の素晴らしいゴールとヤットさん(遠藤)のゴールで2-1になったけど、失点はアクシデントみたいな部分はあったんで。今日は立ち上がりから終始僕らが試合をコントロールしていたと言っても過言ではないくらいの内容だった。イメージとしては、この内容で勝てなかったらキツイなと思っていましたね」

「ゲームをコントロールできるかどうか、いろいろなものが絡む総合力になる。チーム力や組織力という部分で考えると、今日はガーナよりも僕らのほうが確実に上でしたね。ただ、個々で見た時にどうなのかって部分は、いろいろなシチュエーションで多々ありましたけど」

「攻撃的なスタイルという意味で考えると、日本の今の選手、組織レベルでは人数をかけて守るよりは、運動量という日本の長所を生かして、相手を休ませることなくプレスをかけていくことで、僕らのいいところをより多く出して。もう一度ポゼッションをして。攻撃的に守ることで、失点も減るんじゃないかと」

Jリーグ順位表

川崎F
72pt
鹿島アントラーズ
72pt
C大阪
63pt
Jリーグ順位をもっと見る
湘南
83pt
長崎
80pt
名古屋
75pt
Jリーグ順位をもっと見る
秋田
61pt
栃木
60pt
沼津
59pt
Jリーグ順位をもっと見る