2013.09.11

反省を口にする吉田「ピンチではないところで失点するのは、引き続き課題」

吉田麻也
攻撃面での課題も口にした吉田 [写真]=嶋田健一

 キリンチャレンジカップ2013が10日に行われ、日本代表はガーナ代表と対戦した。カウンターからガーナに先取点を許した日本だったが、香川真司、遠藤保仁、本田圭佑がゴールを奪い、3-1で逆転勝利を収めた。

 試合後、フル出場した日本代表の吉田麻也は、以下のようにコメントしている。

「ピンチではないところで失点につながってしまうのは、引き続きの課題。次の欧州遠征の課題になる。前半はもうちょっとテンポアップしていけたらよかった。前半も積極的にボールをつけていたけど後半のようなパスをもっと出していかないと」

―ガーナがマンツーマンでついていたが?
人についている分、連動して動けば背後にスペースが空くので、前半から後半のような(スペースを突く)ボールが必要だった。ボールサイドには強いけど、背後にスペースができていたので、自分のところからボールを出せればよかった。本田さんも(柿谷)曜一朗も狙っていたので、もっと出せればよかった」

―3-4-3のバランスはよくなってきた?
「もっと流れの中でやっていかないと。頭の中でわかっていても、相手が違えばまた違ってくるので引き続きやっていきたい」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
40pt
FC東京
31pt
川崎F
30pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
44pt
町田
43pt
横浜FC
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る