2013.09.09

香川真司「3人目の動きがうまく行けばチャンスが生まれる」

香川真司
ガーナ戦を「楽しみ」と話した香川真司 [写真]=兼子 愼一郎

 日本代表は9日、「キリンチャレンジカップ2013」のガーナ代表戦に向けた前日練習を、試合会場の横浜国際総合競技場で実施した。

 練習後、日本代表の香川真司は、以下のようにコメントした。

―明日に向けて?
「試合ができるのが楽しみ。身体的な部分が強いのはいつの時代も変わらないし、そういうところはやっぱりアフリカの選手だなというのを感じます」

―守備は今一つ?
「そうですね。でもだからといって簡単に裏を取れるかというと、これまでのコートジボワールだったり、岡田さんの時とかを見ている限りだとやっぱりそこまでの過程をなかなか生かしてくれないですし。でもチームとしてうまく攻撃できた時、必ずスカウティング的にも裏を取れているというのは分かっているので、精度さえ上げてやれればいいんじゃないかなと思います」

―この時期にアフリカ勢とやる意味?
「別にどこというか、アフリカ勢だったりというのは何も気にしてないですし、世界的に強いチームとできるということをプラスに捉えていますし、ガーナもいいチームですから、そういうチームに対してどこまでできるかというのは、強いチームとやっぱりやる必要があると思っているので、明日はいいチームだと思います」

―5年前のデビューの時はうっすら覚えてたりする?
「いやもう、相当前ですし、昔のことを今、振り返ることはしないので特別に。だからないですね」

―今回1週間くらいやって、1トップとの練習もかなりやったが、連携の手ごたえは?
「それはすごくありますし、ただグアテマラというのはなかなか参考にならなかったところがあったので、明日の試合で当たりの激しい相手に対してどこまでできるかという意味では、逆にガーナとかは3人目が生きてくるので、やっぱり僕たちはその3人目を生かそうという攻撃をね、意識してやっている分、それがうまく行けば明日はチャンスが生まれてくるんじゃないかと思います」

―3人目というのは、香川君がその3人目になる意識?
「誰がなってもいいと思いますし、なんせ攻撃の枚数をもっともっといい形で3枚4枚関われれば、必ずいい攻撃ができると思うので、それがボランチだったり、僕のサイドだったり、トップ下、FW関係なしにやれればいいと思っています」

 日本代表は、6日に大阪長居スタジアムで行われたグアテマラ代表戦で、3-0と快勝していた。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
37pt
FC東京
28pt
川崎F
27pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
40pt
大分
40pt
山口
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
31pt
鹿児島
29pt
沼津
28pt
Jリーグ順位をもっと見る