2013.09.07

快勝を振り返る長谷部誠「やらなければならない方向性がつかめた」

 日本代表は7日、「キリンチャレンジカップ2013」に向けた合宿6日目の練習を大阪府内で実施した。

 練習後、長谷部誠は以下のようにコメントした。

―(前日のグアテマラ戦は)ボランチとして前にボールを出せたり、起点になれて、手応えは得られたのでは?
「よかったところ悪かったところ、個人的にも両方あると思いますけど、いいところを相手がトップチームになっても続けて出せるようにしないと意味がないですし、もちろん修正点もあるので、そういうところはもちろん直していきたいです」

―具体的な修正点は?
「小さいミスであったり、ボールがないところでの守備の部分でもう少し早く絞るところとか、ポジショニングの位置だとか、そういう細かいところですけど」

―昨日は試合後、監督と話した?
「試合の後は監督とも少しだけ話しましたけど、もう少し点は取れただろうという話はしました。ただ全員、守備の意識も攻撃の意識も両方高く相手関係なくやれていたので、それを次また続けてやろうという感じでしたけど」

―練習した守備の再構築はできたのでは?
「そうですね。特に前線の選手がボールを取られた後の切り替えだったりという部分では非常に高い意識を持ってやっていたので、そのへんはもう一度、チームとして確かめられたと思いますけど」

―グアテマラ戦は意味のある場だった?
「そうですね。また自分たちがやっていかなければいけない方向性というものがつかめたという意味ではよかったと思いますけど、ただこれをトップチーム、次のガーナはワールドカップでもベスト16、ベスト8に入ってくる相手だし、本大会でもアフリカ勢というのは1チームは同グループに入る可能性が高いので、そういう意味ではすごくいい相手だと思っていますし、ここで出せる出せないは非常に大事だと思いますけど」

 6日にグアテマラ代表を3-0で下した日本代表は、10日にガーナ代表と横浜国際総合競技場で対戦する。

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る