2013.09.07

グアテマラ監督が日本にエール「W杯での活躍を心から願っている」

本田(右)のゴールなどで日本代表がグアテマラ代表を下した [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、グアテマラ代表を率いるセルヒオ・パルド監督が記者会見に臨み、日本戦を振り返って以下のようにコメントした。

「試合に集まった日本サポーター、暖かく受け入れてくれたみなさんに感謝したい。戦ってみて、日本がサッカー大国であり強豪国であるという点で、私の考えは間違っていなかったということが証明された。選手のテクニック面、ボールの扱い方、攻撃の展開の仕方、すべてにおいて、日本は非常に優れたチームだと思う。私たちが日本に追いつくためには、まだまだ長い道のりが待っています。まずは、自分たちの現実と向き合うところから始めなければいけないと思っている」

―前半はよく守っていたが、後半の日本の選手交代に上手く対応できなかったのはどのような問題があったのか?

「思うようにプレーできなかった最大の要因は、ボールをキープできなかったこと。ボールを持てなかったという点が一番大きいと思う。試合の大半で日本がボールをコントロールしている状態だった。ボールを持った少ない時間帯の中で、我々も何かしらのプレーを披露できたと思う。ただ、ボールを持つという面では、グアテマラを上回っていたことは事実。日本と同じようにグアテマラがプレーするためには、まだまだ足りないところがたくさんある」

―日本は来年のワールドカップで活躍できると思うか?

「それを心から願っている。日本には素晴らしいチームとサポーターがいる。ここに来る前、私たちは日本の大使館に挨拶をしに行ったし、在グアテマラの日本大使にも会うことができた。2国間の関係において、サッカーも大きな貢献をしていると思う。日本には来年のワールドカップで活躍してもらいたいと心から願っているし、日本にはそれだけの実力がある国だと思う。しかし、ブラジルでのワールドカップは非常に厳しい戦いになると思う。南米の国だけを挙げても、ブラジル、アルゼンチン、ウルグアイなど、強豪国が揃っている。だが、日本のように優れた組織力を持つチームなら、素晴らしい活躍が可能になると思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る