2013.09.07

グアテマラ戦を振り返る柿谷「もっとハードワークする必要がある」

柿谷曜一朗
グアテマラ戦を振り返った柿谷 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、後半から出場した日本代表の柿谷曜一朗は、以下のようにコメントしている。

―サイドに流れるシーンが少なかったが、戦術的なことか?

「僕がサイドに流れてしまうと一番前がいなくなるので。何より相手のDFラインを下げてバイタルエリアを空けるということ、真ん中のスペースを作るということが一番大事かなと思っているし、それをやりつつ(相手の)一番後ろの背後。まあ、背後は相手も警戒していたので少し狙いにくかったですけど、そこはもっと合わせていけたらいいと思います」

―周りとの距離感がいい感じだったが、手応えはあったか?

「今日どうこうというより、やっぱりもっと、90分間通してもっとハードワークしないといけないと思ったし、半分でどうこうとはあまり思わないので。とりあえず、次の試合があるので、頭から使ってもらえるようにしっかりコンディションを整えておかないと」

―次に向けて改善していきたいところは?

「一番前で出ている以上、ゴールということは求められるし、そこは代表だけではなくて、僕の仕事としてやらないといけないことですけど。でも、落としのミスだったり切り替えの速さはもっと上げられると思うから。守備の面でもっと助けてあげるとか、もっと周りの選手がプレーしやすい環境を作るということをやっていかないといけないと思う」

―その意識は前回プレーした時と同じか?

「もちろん同じですけど、試合に出るにつれて『もっとやれる』と思ったり、『もっとやらないといけない』と思うのは当然です」

―レベルは上がった感じか?

「そんなことないですし、レベルとかはないですよ。やらないといけないことは一緒ですから」

―いつもなら強引にシュートにいきそうなところでも、かなりシンプルなパスを選択していたが、それは周りに合わせようとしたからか?

「『自分が』というプレーは、誰にでもできると思うので。時と場合によって使い分けることが大事かなと思いますし、チームでもそればかりでは絶対ダメだと思うので。ただ、いいトラップができたら打っていましたけど。そういうところのミスもありました。まあ、今日は勝てたことが良かったなと思うだけで、次の横浜での試合に向けてしっかり準備していくだけです」

―1トップとしてできる幅が広がったか?

「別にそんな感じではないです。いつも通りです」

―周りを生かすという点ではウルグアイ戦よりはできたかなと?

「相手の質が違いますから。ウルグアイ相手にもっとできないといけなかったです。ガーナがどれぐらいの強さか、正直僕もまだ入ってきたばかりなので分からないですけど。いろいろ聞きながら、ビデオを見ながらやっていきたい。ただ、絶対強いと思うので、出場できたら強い相手にどれだけできるのか楽しみですね」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る