2013.09.07

長友、グアテマラ戦で先制点を演出も「自分に満足していない」

長友佑都
グアテマラ戦で先制点を演出した長友 [写真]=Getty Images

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、フル出場し、左サイドからのクロスで本田の先制点をアシストした日本代表の長友佑都は、以下のようにコメントしている。

―3バックの手応えは? 一列上がる形になったが?

「そうですね。(アルベルト・ザッケローニ)監督も『一対一をどんどん仕掛けていけ』と言っていたので。攻撃的ではありますが、まだまだやるべきことは多いかなと」

―10日に対戦するガーナ代表にも通用したら、大きな武器になる?

「そうですね。グアテマラ代表に対してはリスペクトしていますが、今日できたことが強豪相手にできるとは限らないし、僕自身もそこまで甘いとは思っていないので。もちろんいい部分がありましたが、いい部分というより、グアテマラ代表に対してできなかった部分を見つめ直したいです」

―それはどのあたり?

「ミスも多かったし、相手のチャンスが少なかったとはいえ、攻めている時のボールの取られ方の悪さ。強豪相手だと、ゴール前まで持たれてシュートにいかれているなということが多々あったので。それと、球際はやはり勝てないと。この相手に負けていると、正直難しいと感じています」

―それを踏まえて、3-0というスコアと勝利はどう感じるか?

「僕自身は何も変わっていないですね。今持っている危機感だったり、その前から持っている危機感は、何も変わっていない」

―3-0だけど、評価は難しい?

「正直、そうですね。実際に僕のクロスも(本田)圭佑が決めましたけど、あれがブラジル代表相手で、ダヴィド・ルイスやチアゴ・シウヴァがディフェンスにいたら、どうなっていたんだろうという思いもあります」

―あの試合の時は、相手が高いのでそういう選択をあまりしなかったと思うが?

「それもありますけどね。ただ、やはり人数をかけてゴール前に入ると、ブラジル代表が相手でも絶対にチャンスは出てくると思うので。終わってから圭佑とも話しましたけど、ニアに入る選手、センターバックをおびき寄せて、サイドバックのところで空中戦で勝負すると。そういうパターンを増やしていきたいねと話しました」

―クラブで攻撃的なプレーを求められているからか、攻撃面での判断がすごく早くなっている気がしたが、自分ではどう感じた?

「正直、自分に全く満足できないので。まだまだ上の選手はいるし、自分は未熟なんでね。やるべきことは多いです。今、インテルで任されている攻撃的なポジションで学んでいる部分が本当に多い。今シーズンもそうだし、来年のワールドカップで活躍する自分をイメージできているつもりなので、そこに向けてしっかりとコンディションを上げていきたいなと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る