2013.09.07

結果残した工藤「自分のスタイルをわかってもらえるよう、アピールしたい」

工藤壮人
後半途中出場で1得点と結果を出した工藤 [写真]=白井誠二

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、後半途中からは出場し、チーム2点目を挙げた日本代表の工藤壮人は、以下のようにコメントしている。

「出たときは絶対にゴールを取るという気持ちで毎試合やっているので、結果を出せてよかったですけど、まだまだ試合に出ながら勉強する身なので。ゴールを取ったのは良かったですけど、他のプレーの精度も、もっと上げていければなと思います」

―工藤選手らしいゴールだったが?
「そんなにきれいなゴールじゃなくても、1点は1点なので、その辺の気持ちはいつも持っていますし、(香川)真司くんが決めるだけというボールをくれたのにも感謝したい。そこに突っ込んでいくという自分のスタイルをすべての選手にわかってもらえるように、また明日からアピールしていきたいです」

―今日見えた課題は?
「やっぱり流れの中で、もっとトップ下とセンターフォワードのところのコンビネーションの中にどう入っていくか、ワイドのポジションで起点になりながら、いざ真ん中で中心を崩すときには、どのような入り方をするか、もっともっと詰めていかなければいけないと思います」

―試合前に何か監督から言われた?
「いや、特には言われていないです。出るときは、スタメンの選手にはいろいろ声を掛けていましたけど。練習通りの動きと言うか、比較的回数を重ねて、動き方、コンセプトは理解しつつあるので、その辺をしっかり出せれば、ということで送り出されました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る