2013.09.07

先発出場した大迫勇也「もっと周りとコミュニケーションを」

大迫勇也
グアテマラ戦で先発したものの、前半のみの出場となった大迫 [写真]=白井誠二

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、先発出場し、ハーフタイムに交代した日本代表の大迫勇也は、以下のようにコメントしている。

―先発はどのタイミングで?
「試合前のミーティングで」

―積極的だったが、早く結果を出したいというのは?
「シュートを打つことが最初に考えることなので、それはブレずに。でも、あともうちょっと使い分けることができれば、もっと厚い攻撃ができたかなと思います」

―実際にやってみて手応えは?
「一人ひとりはすごく上手いし、その中で自分がひとつのオプションになれれば。僕自身のレベルアップも図れると思うし。もっとそこに絡んでいければいいですね」

―良いタイミングでボールが入ってきているように見えたが?
「くさびとかは受けることができていたと思うけど、あとはセンタリングに対して、みんなとどこに入るか合わせることができれば、点に近づけたかなと」

―次はどうしたい?
「まずは練習から、自分のプレーをわかってもらうのが一番だし、もっと周りとコミュニケーションを取って、いい距離感ができれば、さらに上に行けると思うので」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る