2013.09.07

地元での代表戦出場に柿谷曜一朗「すごい僕にとって特別なこと」

柿谷曜一朗
グアテマラ戦で後半から出場した柿谷 [写真]=白井誠二

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、後半から出場した日本代表の柿谷曜一朗は、以下のようにコメントしている。

―後半からの出場だったがイメージは?
「0-0やったんで、絶対勝ちたかったし、ホームの長居やったんで自分のゴールもそうですけど、点取らな勝たれへんから、しっかり点取りに行きたいなという気持ちで入りました」

―本田選手と同じタイミングの投入だったが?
「やっぱり相手が引いていたので、キレイに崩そうとしているからという話をしていて。『もっと奪ってから積極的にゴール前から飛び込んでいく』だとか、『貪欲にまずゴールを取りに行こう、取れるだけ取ろう』と言っていて。僕自身、時間がない中、試合でどれだけ合わせられるかだと思うし、いつもみたいにボールをもらって、前向いて仕掛けてというのはいつでもできるじゃないですか。そうじゃなくて周りとの連携という面を自分の中で割り切りながら、意識しながら動き出しやったり、もらうタイミングやったりを意識していたので。ただ相手のプレッシャーもぬるかったし、こういう相手にどうこうじゃなくて、次の試合もそうですけど、もっと強い相手というか、強豪国とやった時にどうなるかということがあるから、そのためにいろいろ試すにはいい機会だったかなと思います」

―短い中で本田選手との関係がよくなったが?
「よくなったというか、相手のプレッシャーがぬるかったというのは正直なところで、この相手に何ができて何ができなかったというよりは、タイミングのところで合わせられたらいいなと思っていましたし。でもとりあえずここ(長居スタジアム)で出られたことが僕にとっては、いい思い出と言ったら失礼かもしれないけど、すごい僕にとって特別なことなので、出場できてよかったです」

―本田選手と細かいパスをつないで工藤選手がつないでシュートというシーンがあったが?
「ああいうのは、例えば強いチームとやったら1回あるかないかというところで、より正確にしないといけない。代表の試合とか見ていたら多くあったから、そういう中で自分が入った時にピッチの中でどう絡めるのかなというのがあったので、今日試合やってみて、そういう形が多かったので。でも質としてはそのままゴールにつながっていないし、この相手にできなかったら世界でできないと思うから、練習時間は限られていますけど、しっかり合わせて行ければいいと思います」

―本田選手と試合が終わった後は何か話した?
「終わった後はおつかれって感じです」

―先制点は長友選手のクロスから柿谷選手がニアで引きつけて、ファーで本田選手が合わせたが?
「あれはいいクロス、いいシュートというか、僕はニアで飛び込む方が得意なので、いいタイミングでニアに来るようにというか、来れば僕もヘディングできていましたし、それはクロス上げる人の選択なので。でも後半になって0-0やったんで、僕ももちろんゴール決めてまず1点ってのはありましたけど、とりあえず日本が1点取れてよかったなと思いました」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る