2013.09.07

本田、柿谷に高評価「ようやくこういうタイプの1トップが出た」

本田圭佑
試合中、柿谷(左)と話す本田(右) [写真]=白井誠二

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、後半から出場し、先制点を決めた日本代表の本田圭佑は、以下のようにコメントしている。

―後半から流れがよくなったが、どんなことを意識してやったのか?
「後半はいつもやっているメンバーで、いつもと同じポジションで、その分、特に意識して何かやるというよりは、いつも通りやるところを意識していましたね」

―柿谷選手とコミュニケーションを取っていたが、2人の関係もかなりよくなった?
「相手も違うんでね、そこで改善されたかというのは、ちょっと楽観的すぎると思うんですけど。とはいえ、あまり相手に左右されずにやれることをやるという意識では曜一朗に事前に伝えてはいましたし、その点、最後のクオリティのところにはまだ問題があったものの、過程ではいい形は何本か出せたかな、とは思います」

―1点目の得点シーンも、長友選手のクロスに柿谷選手がニアに抜けて本田選手が決めたが?
「ボールがよかったですよね、何よりも。ファーは意識していましたし」

―試合経験の少ない選手たちの印象は?
「(自分を)出せていますよね。基本的に自分を出せる選手が多いんじゃないかと思っています。工藤(壮人)もああいうふうに結構Jリーグでも点取っていると思いますけど、代表でも取りますし。曜一朗に関しても点は取れなかったものの、非常に収まりますし、ようやくこういうタイプの1トップのプレーヤーが出てきたなという感じはします。今まで日本代表のFWは割と両極端だったというか、デカくてもあまり足元を得意としないプレーヤーだったり、その逆ですごく足元はうまくても、前で得点を挙げられない選手だったりとか。曜一朗はすべてを兼ね備えているかなと見ていて思いますね。普段、攻撃の選手で分かっているプレーヤーとパス交換することが、やはり多くなってしまうんですけど、今後曜一朗が入ってくることによって人数が増えるかなという感じがします」

―自分が引き出される気がする?
「ここからですね。まだ2試合しかしてないので、もっと試合を重ねていくうちによくなっていくんじゃないかと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る