2013.09.07

自身の状態良化を確信する長友佑都「これからの自分にすごく期待」

長友佑都
左サイドで仕掛ける長友 [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、フル出場し、左サイドからのクロスで本田の先制点をアシストした日本代表の長友佑都は、以下のようにコメントしている。

―1点目のシーンはイメージ通り?
「そうですね。GKを越えればチャンスになるっていうのはあったので。相手もファーの部分はマークに付ききれないというか、センターバックを超えるとサイドバックは絞り切れないというのがあったので、そこのところは圭佑とも話して狙っていましたけど」

―後半に入って試合の流れが変わった?
「前半相手が元気な分、引いて守ってカウンターを狙っていたことで、難しい試合になるなと。前半のうちにもっと点が取れればよかったですけど、前半我慢して後半で勝負仕掛けようかなというのが自分の中でもあったので。圭佑が入って流れもよくなったので。(柿谷)曜一朗も」

―柿谷選手と本田選手が入って何が良くなった?
「やっぱり収まる。そこの部分で時間ができて、押し上げられるという意味で、圭佑と曜一朗がその役目を果たしてくれたんじゃないかと思います」

―自身のコンディションは相当いい?
「今は80%くらいまでは来ていると思う。まだまだ(シーズンが)始まったばかりなので、もっと上がると思うし、コンディションは上がっていく手ごたえがあるので、これからの自分にすごく期待しています」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る