2013.09.07

トップ下で先発も、前半無得点に香川真司「すごく悔しい」

香川真司
グアテマラ戦でシュートを放つ香川真司 [写真]=白井誠二

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、先発出場し、後半途中までプレーした日本代表の香川真司は、以下のようにコメントしている。

―どういうテーマで試合に臨んだ?
「点取りたかったですね」

―相手が引いてきて、アジア相手みたいな感じだったが?
「ゴール前が3バックで3枚いましたし、固めてきていたからスペースがない状態で、前半はなかなか難しかった。後半もそうですけど、なかなかあそこに入る人数も少なかったですし、攻撃は難しいなと時間を追うごとに感じました」

―もうちょっと高い位置でリスクを負ってでもやりたかった?
「もうちょっとボランチが絡むことであったり、そういうことはもっと必要ですし」

―個人的にちょっと引いたり散らしたりする作業が多かった?
「そうですね。自分が最後ゴール前まで入り込んでシュートまで行きたいですし、そういう形が今日は少なかったんで、前半得点もゼロですから、すごく悔しいです」

―ゴール前に入った時、ピッチも悪かったりして打ちきれない場面もあった?
「いや、そういうのはなくて、決められなかったんで、すごく悔しいですね、ただ単に」

―清武選手や岡崎選手のような近い距離の選手とどういう意識でやった?
「キヨ(清武)が持った時は相手の右サイドバックが前半の最初は抜けていなかったから、そこもスペースへ飛び出すって意識は持ってやっていましたし、サコ(大迫勇也)とも、いい距離感で…。ただ2人とも引いたり、ボールサイドに行くとゴール前が誰もいなくなるから、中にいてストライカーとしての役目を果たせるように、とは意識していました。ただやっぱり相手もあれだけ人数をかけて守ってくる以上、パスでつなぐのは難しいと思います」

―イングランドでやっているサッカーと代表でやっているサッカーの切り替えは?
「サッカーが違いますから。こっちの方がより求められるものはあるので、すごく責任感じていますし、楽しさももちろんあります」

―より求められるもの?
「ゴールにつながるプレーだったり、結果を残さなきゃいけないということで、そこは」違うのかなと思います」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
48pt
FC東京
40pt
川崎F
39pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る