2013.09.06

先制点の本田「所属クラブでの成長がキー。1日1日を無駄にはできない」

本田圭佑
後半開始時から出場し、先制点を記録した本田 [写真]=足立雅史

 キリンチャレンジカップ2013が6日に行われ、日本代表とグアテマラ代表が対戦。日本は、本田圭佑、工藤壮人、遠藤保仁が後半に得点し、3-0で8試合ぶりの完封勝利を挙げた。

 試合後、後半からの出場で先制点を決めた、日本代表の本田圭佑は以下のようにコメントしている。

―ヘディングで先制点をもたらしたが?
「前半はグアテマラも非常にコンパクトに、スペース無く守備をしていたので、僕らもその辺をなかなか突けずにいたので。後半出たら、相手もバテていると思っていましたし、緩んだところを狙えてよかったと思います」

―今日の収穫は?
「引いた相手をどう崩すかというのも、1つの練習でした。それができたところと、手数をかけすぎてしまうところ、その課題はまだ継続して残っているのかなと思います」

―無失点の勝利については?
「それを1試合だけと言わず、次の試合、これからの試合をずっと、できるだけ無失点でチーム一丸となってやっていくことが、非常に大事になってくるんじゃないかなと思っています」

―今後に向けては?
「結局、代表で集まれる期間は限られていますので、いかに自分の所属しているクラブで成長できるかがキーになってきますので、歯を食いしばってと言いますか、僕らは格下ですから、それでも強豪相手に勝っていくには、1日1日を無駄にはできないと感じています」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る