2013.09.06

連続失点の流れを止められるか…グアテマラ戦で求められる“攻守のバランス”

日本代表
グアテマラ戦へ向け、調整を行う日本代表 [写真]=白井誠二

 日本代表は、コンフェデレーションズカップとウルグアイ代表との4試合で、13失点を喫した。大量失点が続き、世間では守備陣への疑念が広がっているが、一方でチームを率いるアルベルト・ザッケローニ監督の意見は異なった。

「失点を1つのポジションのせいにするというわけではなく、チーム全体としてバランスが少し崩れたというふうに思っている。チーム全体の問題として、課題を修正していきたい」

 指揮官の意見には、主将の長谷部誠も同調する。

「今は攻撃でいい形が作れている分、攻撃にみんなの頭がいってしまう部分があったと思う。やはり、その中で強い相手を想定して、リスクマネジメントというのはやる必要がある」

 監督、選手ともに、チームの重心が前がかりになったことで失点が増加したという意見は一致している。全てが公開された合宿初日の練習でも、守備の確認に多くの時間が割かれていたように、6日に行われるグアテマラ代表戦に向けては、バランスの修正に努めてきたようだ。

 ただ、大量失点は相手国に起因していた。ザッケローニ監督も「4試合の相手は世界でもトップ10に全てが入ってくるチームだったことは否定できない」と語ったように、アジアレベルでは覆い隠されていた部分が、世界トップレベルと対したことで一気に露呈させられた。既にワールドカップ予選で敗退し、直近のFIFAランクでも93位のグアテマラは、お世辞にも強豪国とは言えず、少しの隙も見逃さないネイマールやルイス・スアレスもいない。修正点を実戦で確認するのであれば、2大会連続でワールドカップの決勝トーナメントに進出しているガーナ代表と対する10日の試合がより適切だろう。

 指揮官も、「2試合目のことを考えると、長谷部、香川(真司)、吉田(麻也)に関しては試合に出ていない状況が続いているので、1試合目をこなす必要があるかなと思う」と明かしていることから、ガーナ戦の重要性は窺える。ただ、次戦に向けたスパーリングのような位置づけであったとしても、「やはりコンフェデとかウルグアイとかとはチーム力は多少なりとも違うとは思いますけど、そういう相手でも自分たちがやることというのは変わらない」と長谷部が語ったように確かめるべき部分は少なくない。

 現時点では相手がどこであれ、守備に関しては、言うまでもなく失点を減らすことが最重要なことは変わらない。一方で、チームのバランスは守備のみで完結するわけではない。

「特に我々は守備一辺倒でやるようなことはしていないから、攻撃と守備をしっかりとこなすということが大切になる」

 ザッケローニ監督がメンバー発表会見で話したように、攻撃を抑えてまでも守備偏重のスタイルを取ってしまったら本末転倒である。守備のバランスを修正した上で、いかに攻撃の質を保つことができるか。それは、10日のガーナ戦でも変わらないポイントのはずである。

 守備の確認が多かった初日の練習でも、センターバックがドリブルで持ち上がりサイドバックを押し出すことで、サイドで数的有利を作る確認がなされていた。指揮官が、「攻撃をするときにDFラインの選手が1番最初のアタッカーだと、そこからはじまると。それとは逆に守備のときは1列目の選手から守備をすることが大切だと思う」と語った通り、守備陣にも従来通り、攻撃面での要求をする場面も垣間見られた。

 何試合にも渡り多くの失点が続いているチームにとって、攻撃のクオリティを今までと変わらずに求めることは、酷なのかもしれない。ただ、ワールドカップ出場を決めてから、指揮官が度々語る「チームの成長を促して行かないといけない」という言葉を考えると、必要な要求、あるいは生みの苦しみとも言うべき段階なのかもしれない。

 失点や敗戦が続き、迷いが出てきてもおかしくない状況でこそ、日本代表が一歩先に、新たなステージに上がるために、チームの方針を貫くことが求められている。

文●小谷紘友

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
40pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
大分
50pt
町田
50pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
30pt
Jリーグ順位をもっと見る