2013.09.06

グアテマラ指揮官「日本は個々の力よりグループとして非常に強い」

パルド
日本代表の印象について語ったグアテマラ代表のパルド監督 [写真]=白井誠二

 6日に行われる「キリンチャレンジカップ2013」で、日本代表と対戦するグアテマラ代表のセルヒオ・パルド監督は5日、前日会見を行った。パルド監督は以下のようにコメントしている。

「今回日本代表と、こうして親善試合を戦えることを嬉しく思っている。明日の試合では、すでにワールドカップ出場を決めた非常に大きなポテンシャルを持ったチームと対戦できるということで、楽しみにしている。日本代表には本大会でもいい活躍ができるように心から願っている」

―ワールドカップ予選で既に敗退しているが、次の目標、モチベーションは何か? 暫定監督ということだが、今回の試合で結果を残せば今後も代表を率いる可能性はあるのか?
「グアテマラは残念ながら予選敗退となった。以前このチームを率いていたのはアルメイダというパラグアイ人の監督だったが、全力を尽くしたのにも関わらず、残念ながら敗退という結果に終わった。今、おっしゃったように私は暫定監督としてチームを率いている。私は代表以外でもグアテマラの1部リーグのミクトランというチームの監督を務めている。ミクトランはグアテマラの東部にあるチームで、現在の国内リーグでは5位につけている。今回日本に来たのは、グアテマラ代表チームを強化する非常に重要な目的がある。私個人的にも代表を率いることが素晴らしい経験になると思っている。今回招集した選手の大半は、国内リーグの強豪であるコムニカシオネスというチームから招集した」

―日本は最近失点が多い試合が続いているが、日本の攻めどころなどは?
「明日の対戦には非常に大きな期待をしている。いい試合、いいサッカーを披露したいと思っている。日本の試合映像は旅立つ前に分析してきた。日本は非常にスピードがあり、サイドからの攻撃を得意とするチーム。その攻撃の展開も非常にスピーディーだと思う。ただ、グアテマラにもここ数年の間では失われつつあるが、独自のスタイルというものがある。それを十分に明日の試合で発揮したいと思う。また、私の監督としてのプロフィールは、知名度が低いという意味でみなさんの期待にそぐわない点もあるかもしれないが、私はチリ人だが40年グアテマラのサッカーに関わっているので、この国のサッカーをよく知っている。明日の試合では将来的なグアテマラ代表の強化を目指していい試合をしたいと思う」

―今言われたグアテマラのスタイルとは?
「20年ほど前の話になるが、グアテマラのサッカーは細かいタッチでボールを繋いでいく、非常に正確で精度の高いサッカーをしていた。しかし、それがだんだんと変わってきている。よりスピーディーなサッカーというものを求められるようになってきた。そのスピーディーなサッカーは、時に不正確さを伴ってしまうリスクがある。そもそもグアテマラの選手達はそうしたスピーディーなサッカーというものに適していないと私は思っている。だから、本来のグアテマラのサッカー、多くのタッチで繋いでいく、そして選手達がそれぞれの才能を十分に発揮できるようなサッカーを取り戻したいと思っている。バルセロナやレアル・マドリードのようにプレーしようと思っても、結局、選手達がそうした特長を持っていないのであればそれは不可能な話。グアテマラのサポーターの人達もグアテマラはもっとアルゼンチンのようなプレーをするべきだという人々もいるが、アルゼンチン人のような選手がいない限り不可能だ」

―日本で警戒する選手や印象に残っている選手はいる?
「日本代表選手の多くが海外でプレーしている。そうした海外で得た経験が日本代表の強みにもなっていると思う。ただ、名前は覚えていないが、背番号4番(本田)、10番(香川)、8番(清武)、センターバックの選手も非常に良かったと思います。ただ、日本代表というチームは個々の力よりもグループとして非常に強いという印象を持っている。明日の試合は非常に難しい試合になると思うが、先程も言ったようにいい試合をしたいと思う」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
49pt
川崎F
43pt
FC東京
40pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
56pt
町田
53pt
大分
51pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
35pt
沼津
32pt
鹿児島
31pt
Jリーグ順位をもっと見る