2013.08.14

ウルグアイ指揮官「日本はどんな時でも落ち着いたプレーをする」

オスカル・タバレス
ウルグアイ代表のタバレス監督が記者会見でコメント

 14日に行われるキリンチャレンジカップ2013で、日本代表とウルグアイ代表が対戦する。

 ウルグアイ代表のオスカル・タバレス監督が前日会見に臨み、以下のようにコメントした。

「今回、日本で試合ができることを非常にうれしく思っている。日本のみなさんは非常に温かく私たちを出迎えてくれる。日本のサッカーは進化し続けていて、今は非常に良い時を迎えている。非常に高いレベルでプレーをしている。非常に長い距離の移動、時差という障害もあるが、それらを乗り越えて、明日は良い試合を戦いたい。そしてスタジアムにお越しいただくみなさんには、それを楽しんで帰ってもらえたらと思う」

―(日本代表のアルベルト)ザッケローニ監督が、「ウルグアイから学びたい」と言っている。「ウルグアイはミスが非常に少なく、チャンスがあれば必ず仕留めるチームだ」と言って、そこを学びたいと。ウルグアイが今の日本から学べるようなこと、吸収できるようなことは何かあるか?

「私はサッカーで長年のキャリアがあるので、日本サッカーがどのような進化を遂げてきたかということは、見続けてきた。プロリーグが発足して、外国人助っ人がプレーするようになった。それもそれほど前の話ではない。そして、日本にやってきたブラジル人の監督や選手たちが、非常に大きなものを日本のサッカーに残していったと思う。コンフェデレーションズカップでも、非常に良い試合をしていた。中盤の選手もそうだが、前線の3名(香川真司、岡崎慎司、本田圭佑)の選手も非常に高いレベル、非常に大きなポテンシャルを持った選手たちだと思う。また、日本代表を率いているザッケローニ監督のことはセリエA時代に存じ上げているが、すばらしい監督だ。イタリアサッカーが持つ文化というものを日本に伝授していると思う。(ブラジル)ワールドカップではいち早く出場権を日本が獲得したが、それも頷ける話だ。日本はどんな時でも落ち着いたプレーをするチームだと思う。残念ながら、私たちは南米予選で難しい状況にあるので、そういった意味では日本から学ぶことは多い。私たちは9月に南米予選で非常に重要な一戦となるペルー戦を控えているので、今回の親善試合を通して、多くの収穫があることを望んでいる」

―今回出場できなくなった(エディンソン)カバーニに関してだが、どういう特徴を持った選手なのか、代表で(ルイス)スアレスや(ディエゴ)フォルランとの相性が良いのはなぜか?

「カバーニは今回招集はしたが、残念ながら筋肉の負傷により出場することができなくなった。彼は非常に優れたフィジカルを持っている選手で、チームに守備の面でも大きく貢献する選手。フォルランやスアレスと非常に良い攻撃のタッグを組むことができていると思う。彼らは同じキャリア、同じ年代なので、2006年にスタートしたウルグアイ代表のプロセスの中でお互いに切磋琢磨しながら育ってきた。カバーニは非常にプロフェッショナルな選手で、常にチームに対して貢献したいと考えている選手だ。彼の持つ得点能力も日々磨きがかかっている。イタリア(セリエA)では得点王にも輝いた。そうしたことによって、おそらくフランスのビッグクラブ(パリSG)が今回獲得に動いたのではないかと思う」

―ワールドカップ南米予選ではプレーオフ圏内の5位で、9月にもワールドカップ予選がある。この重要な時期に行う日本戦はどのような位置づけで、どんなプレーを重視して試合に臨むのか?

「私たちは、全てのFIFAのマッチデーで親善試合をマッチメイクしてきている。今回はあくまでも、対戦相手は日本。ペルー戦に向けてということよりも、これまでやってきたことの確認を日本戦で行いたい。明日の日本戦の中で起こる全てのことが、情報として私たちチームスタッフの参考になる。私たちは既に7年間同じメンバーでプレーしてきているので、お互いのことをよく理解している。今回の試合は、ヨーロッパに在籍する選手たちがプレシーズンの時期に戦う試合としては、非常に良い機会になるのではないかと思う。我々は親善試合を戦う際に必ず3つの目標を掲げている。それは1つ目はプレー、試合の内容。2つ目は結果、3つ目が試合に対する姿勢だ」

―守備の強さの原動力となるフィロソフィーやコンセプト、そして(ディエゴ)ゴディンや(ディエゴ)ルガーノといった屈強なセンターバックが出てくる背景はどういったものがあるのか?

「ウルグアイは伝統的に、高いレベルのDFを輩出してきた。ただ、代表のプロセスが2006年にスタートした時は、守備面はそれほど良くなかった。現在は、ルガーノやゴディンといった選手以外にも若い選手たちが育ってきている。ウルグアイは300万人ほどの人口しかない小さな国だから、大きな国で人口も多い他の国に比べると、選手を見つけるという作業が、より困難になる。だから、私たちは新しい世代がどんどん育つことを常に期待している。守備という言葉は、私は決して嫌いではない。良い守備があれば、相手チームのポテンシャルを消すことができる。ただ、ウルグアイの最近のサッカーでは、守備だけではなくスアレスやカバーニといった攻撃的な選手たちも生まれてきた。私は、優れたDFがいるからといって、超守備的な試合を目指しているわけではなく、常に攻守のバランスが取れた試合運びを考えている。メンバーはここ最近変わっていないが、様々な戦術、パターンが私の中にあり、それは例えばDFが4人でも3人でも、MFに関しても数を変えながら色々なバリエーションでプレーすることができる」

―スアレスは移籍を希望していたが、今はリヴァプールで戦力外の扱いをされている。これが妥当な処置だと思うか? また、スアレスは謝罪したほうがいいか?

「彼の個人的な、そしてプロプレーヤーとしての現在の状況については、私に何かしらのコメントを発する権限は一切ない。ただ、代表でのスアレスに関してはコメントすることはできる。彼は何度も代表でプレーしているが、彼に会う度に、私たちの知っているいつものスアレスになっている。非常に高い意欲を持った選手で、16、17歳の頃からずっとユース時代を共に過ごしてきた。よく知っている選手だ。ここ最近は、メディアからそういった形で大きな注目を浴びることになっているが、その件について代表チームのスタッフが公の場でコメントしたことは今までにないし、今後もするつもりはない。クラブチーム、そしてスアレスの両者にとって、よい形でこの問題が解決することを望んでいる」

Jリーグ順位表

サンフレッチェ広島
55pt
川崎F
49pt
FC東京
42pt
Jリーグ順位をもっと見る
松本
61pt
町田
60pt
大分
57pt
Jリーグ順位をもっと見る
琉球
44pt
鹿児島
43pt
沼津
40pt
Jリーグ順位をもっと見る